集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter

文字サイズを変更

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

ジャングルの食い物

更新日:2019/12/11

 ニューギニアの湿地帯ではサゴヤシという、巨大なヤシ科の植物からとった澱粉が主食となる。十分に育ったサゴヤシを斧で切り倒し、樹幹をくりぬき、砕いておがくずのように粉状にして、それを水で濾過して、のこった澱粉が食べ物になる。十八年前にマンベラモ川というニューギニア島北部の川を旅したときは、この澱粉を水で溶いたパペダというものをよく食べた記憶があるが、今年九月に南部湿地帯を丸木舟で移動したときは、澱粉を焼きチャパティのようにしたものをよく食べた。
 このサゴチャパティは調理直後は軟らかく、しっとりとした餅のような食感があり、味覚の細部をくすぐる奥ゆかしい甘味があって食べやすいが、乾燥するとぼそぼそになり味気がなくなる。今年の旅では村に立ち寄るたびに大量のサゴチャパティが供され、食べきれずに次の村に持ち越し、そこで乾燥して不味くなったサゴチャパティをしょうがなく食べていると、「おお、この外国の人たちはわれわれの魂と呼んでもさしつかえない、このサゴチャパティをじつに旨そうに食べているではないか」と村人たちが勘違いして、また大量のサゴチャパティが供されるという悪循環を繰りかえした。
 住民たちも余裕のある暮らしをしているわけではないらしく、かつ村ごとに漕ぎ手がかわって深い関係を築く時間もなかったため、サゴ以外はあまり食べ物をわけてくれなかったが、他には川で獲れるナマズ系の魚やエビ、果物、ジャングルに自生する野菜などを食べているようである。写真はセーという村で小学校教師をつとめるインドネシア人若夫婦が、われわれを歓迎して用意してくれたご馳走で、サゴチャパティと魚と野菜。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第45回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 開高健 The Year
  • マイ・ストーリー
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで令和元年台風災害のお見舞いを申し上げます。

度重なる台風により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、避難生活や復興の支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、
一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ
  • 第五回 集英社 熊本地震災害被災者支援募金 募金状況とご報告
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.