集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter

文字サイズを変更

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

暗黒の正月

更新日:2018/02/28

 今年の正月は家で家族とのんびり過ごした。大晦日ぐらい贅沢をしようと奮発して鴨肉を買い込んで夜は鴨鍋。しめにそばを食べて、紅白歌合戦を見て、元旦は近くの御霊神社に初詣に行くという年末年始としてはきわめて正統的な過ごし方をした。山に行くわけでもないし、極地を探検しているのでもない。このような平和な正月を過ごして自分が駄目にならないかと、それは不安になるほど穏やかな時間であった。
 去年の正月はグリーンランドにおける極夜探検の真っ只中で迎えた。十二月六日に村を出発してからというもの、太陽が昇らない闇のなかを、地形的な手がかりがほとんどない内陸氷床とツンドラの大地をなんとか迷うことなく彷徨するように前進し、アウンナットと呼ばれる土地にある無人小屋にたどり着いたのが、まさに一月一日の元旦だった。
 極夜なので当然、初日の出は無し。
 初日の出どころか、正月のアウンナットはとにかく暗かった。極地では新月前後の約十日間は月も姿を消す。アウンナットに着いたのはその新月期間にあたっていたので、太陽どころか月も出ない、極夜のなかの極夜とでも呼ぶべき真の暗黒空間が現出していたのである。おまけにアウンナットはイングルフィールド・ランドという陸地の北側に面している。南側なら正午前後にわずかに地平線からしみだしてくるはずの陽光も全然届かないため、余計暗いのである。世界最暗黒の地、それが正月のアウンナットだった。このような地にいたため、まだ二か月以上昇らない太陽など意識のなかにのぼることすらなく、このときの私はとにかく早く月が見たい、月よ早く昇ってくれと、そればかり願っていた。
 月が見えたのが一月五日。それから私はさらに北を目指して出発したが、このように去年は北緯八十度近い暗黒空間でひたすら月が昇るのを待つという正月だった。もちろん正月気分など皆無で、テントのなかでただ寝袋や衣類を乾かして過ごしていた。
 あれから一年が経つのかと思うと感慨深い。たった一年だが、今となってははるか遠い昔のことのように思える。日本で過ごす日常とあまりにも深い断絶があるので、極夜の北極はすでに遠い記憶のようにかすんでしまっている。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第45回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.