集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

幻の蒼氷

更新日:2017/12/27

 南アルプスの甲斐駒ヶ岳に黄蓮谷(おうれんだに)という谷がある。甲斐駒周辺の谷は冬の冷え込みが厳しく、乾燥しており、しかも地形が全体的に急峻でそそりたっているためアイスクライミングの対象となる谷が多い。そのなかでも特に黄蓮谷は取り付きやすさと、山頂まで滝が連続するルート内容の充実ぶりから屈指の人気ルートとなっており、しかも結氷時期が非常に早いため、八ヶ岳の氷瀑とならび国内で一番最初に凍るルートとして知られる。アイスクライミング好きにとっては黄蓮谷が凍って登攀者(とうはんしゃ)が現れたという知らせが、そのシーズンの幕開けを告げるニュースなのだ。
 私にとって黄蓮谷といえば〈蒼いガラスの谷〉。これは私が学生時代に発売された『日本のクラシックルート』(山と溪谷社)という本のなかで、遠藤甲太という名登山家がこの谷を評して形容した言葉である。遠藤は一九六八年にこの谷を初めて登攀したときのことを回想して小さなコラムを執筆しており、そこで〈雪をとどめぬ蒼い回廊、蒼いガラスの壁がどこまでも続いていた〉との自らの山日記の内容を紹介している。どうやら彼が登った当時の黄蓮谷は、本格的な降雪がはじまる前に全面的に結氷するため、ブルーアイスの滑滝(なめたき)が山頂までのびて異次元のような幻想的空間を現出したらしい。
 ただ、それも今は昔の話。温暖化が進む近年は本格的に結氷する前にどうしても降雪がはじまってしまうため、蒼い回廊は雪の下に埋まってしまうケースが多い。私は過去にこの谷を二度登っているが(右俣と左俣を一度ずつ)、やはり雪が多くて、蒼氷はところどころにある傾斜のきつい氷瀑で姿を見せる程度で、残りは終始深雪をずぼずぼラッセルした。遠藤が見たような蒼い回廊はまだ目にしておらず、いつかチャンスがあれば……とずっと心に秘めていた。
 今年はどうも寒いらしく結氷がいいようだ。そんな噂がどこからともなく風にのって耳にとどいてきたため、十二月五、六日に久しぶりに黄蓮谷に向かった。黒戸尾根五合目から松林の凍った斜面を下る。谷に降り立った瞬間、がっかりだった。ブルーアイスの滑滝どころか、思いっきり水面が露出しておりほとんど沢登りの世界ではないか……。
 少し登ると坊主の滝という最初の滝が現れ、そこから先はまずまず結氷しており多少のアイスクライミングは楽しめたが、しかし積雪が二十センチほどあり蒼氷はおおむね雪の下。いつものように雪の中に足を沈めてひたすら登り、背後を振り返ると雪男の足跡みたいなトレースが延々とつづいていた。
 雪が降る前に真冬並みの寒さがしばらく続く、そんな異常気象のような初冬でもなければ、もはや往年の幻想的な黄蓮谷の姿を見ることはできないのかもしれない。よく山は逃げないと言われるが、それはまちがいで、山は逃げる。蒼氷の回廊は逃げてどこかにいなくなってしまった。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第45回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.