集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

特別編 北極便り ※角幡氏は現在北極探検中です。通信事情により内容はコンパクトですが、不定期で、現地からのお便りをアップします

更新日:2016/12/14

 極地とは北極圏にしろ南極圏にしろ、緯度が66度33分より高い地域のことを言い、一年のうち一日以上、太陽の沈まない日と太陽の昇らない日がある。ようするに夏の白夜と冬の極夜だ。この白夜と極夜、緯度が高くなるほど期間も長くなり、地球でもっとも北にある北極点では一年の半分が白夜で、残りの半分が極夜になる。もちろん南極点も同じだ。私が昨年七カ月間活動したグリーンランド最北の村シオラパルクは北緯78度にあり、夏の白夜が四カ月近くつづく。
 白夜世界を旅していて一番面白かったのが時間の概念が崩壊していく感覚だった。当たり前だが時間はお天道さまが天球上をぐるっと回るのにあわせて刻まれており、われわれが暮らす世界では昼と夜が厳然として存在する。夜というのは単純に暗いので生命活動の妨げになるため、われわれは夜が来る前にその日の活動を終了させようとして昼間にあくせく動いている。たとえば登山では早朝に出発することが普通だが、これは夜が来ると暗くて危険なので明るいうちに悪場を越えて安全地帯にたどり着かなければならないからである。夜があるせいで、ああもう午後二時だ、急がなければと思うのだ。つまり人間活動を制限する夜が存在することで、はじめて時間の概念は意味をもつ。ところが白夜にはこの夜が存在しない。夜が存在しないと昼にも意味がなくなる。たとえば朝寝坊して十一時に起きるとする。これが夜のある世界なら、「しまった、今日は行動時間が六時間しかない、どうしよう……」と狼狽することになるが、白夜だと夜がこないのでいつも通り八時間行動して、さらに就寝時間を後ろに二時間ずらして午後十一時に寝ても全然問題ない。それどころか翌日もまた朝寝坊して、今度は午後一時に起きて、いつも通り行動して、さらに就寝時間を後ろにずらして午前一時に寝てもまったく問題ないのだ。要するに夜がない世界では自分の都合で一日を二十六時間にしようが三十時間にしようが、とくに支障はない。この一日二十四時間制の私的崩壊過程がじつに興味深かった。
 昨年の七カ月間の旅のうち二カ月はカヤックで航海していたが、白夜で昼に漕ごうが夜に漕ごうがどっちでもいいので、潮の干満にしたがって深夜に行動するときもあった。白夜世界ではそれだけ一日=二十四時間という既成概念の枠から解き放たれて自由に動けたわけだ。ところが、それだけに八月下旬の深夜の薄暗闇に数カ月ぶりの月を見たときは、なにか覚悟を迫られるような気持ちだった。海の上におぼろげな光をはなつ月の幽玄な姿。ついに、ついに夜がやってきたのだ、と。
 夜が来て、一日に制限がかけられることがどんな感覚かもう忘れてしまっていた私は、このとき、夜が来るという当たり前のことが怖くなっていた。人間の常識なんて半年もあれば簡単にひっくり返る。考えてみれば、おそろしいことではないか。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.