集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

New Releases

新刊情報

  • 購入はこちら
  • 試し読みはこちら

70歳、医師の僕がたどりついた
鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」

鎌田 實

判 型:A5判
頁 数:112ページ
ISBN:978-4-08-786116-7
価 格:本体1,000円+税
発売日:2019年5月24日

医師としてさまざまな健康情報に触れてきた僕が個人的にいいと思ったことだけ紹介します。

Dr.カマタの図書館

 医師として、地元長野県の地域医療に取り組み、健康づくり運動を続けてきた著者だが、3年前、体重が80キロまで増えたと同時に、体力の衰えを感じるようになった。このままでは、いけない。現在70歳だけれど、何歳になってもぴんぴん元気でいて、興味があることをしたいし、行きたいところにはいきたい。極端な食事制限はしたくないけれど、10年先、20年先のことを見据えて、体を大切にケアしたいと痛感した。
 そこで着目したのが「スクワット」と「かかと落とし」。それまでも、年間100回近く行う講演会のほとんどで推奨はしてきたし、著者自身も自宅で行ってはいた。それを、今までに以上に、回数を増やし、毎日続けた。続けるうちに、筋肉への負荷のかけ方のコツがわかってきて、オリジナルの鎌田式スクワットも開発した。日々スクワットをしていたら、甘いものを食べる量が自然と減っていった。体重が少しずつ減って、3年たった今は9キロ減。体が軽くなり、下半身を中心に筋肉がついて、疲れにくくなったし、歩くスピードもあがった。
「スクワット」は体重を減らしたい人だけでなく、やせて筋肉が少ない人にもおススメだ。高齢者にとっての大きな問題は筋量が減ることによっておこるフレイル(虚弱)。スクワットで下半身の筋肉を鍛えることは、誰にとっても大切だ。
 「かかと落とし」は、かかとを持ち上げてストンと床に落とすことで、骨を再生する骨芽細胞に刺激を与えて強い骨を作る運動だ。最近、高齢者だけでなく転倒骨折が増えている。著者は「かかと落とし」も毎日続けて、130%と高い骨密度を持つ。
 医師としてさまざまな健康情報に触れてきたけれど、この2つは本当にいい、と実感した「スクワット」と「かかと落とし」をじっくりと紹介する。


*目次は「試し読みはこちら」からご覧いただけます。

講演会でスクワットを実演しているところ。客席でもできるので、全員でやってみる。
全員が鎌田さんの動きに合わせて手を上げているところは、なかなか壮観な風景。

「かかと落とし」は、その場でかかとを上げ下げするだけなので、どこでもできる。慣れない人は、イスの背などにつかまってすることをおススメしているけれど、鎌田さんはこのとおり。

鎌田さんには、何歳になってもこれがやりたい、という夢がいろいろあるけれど、大好きなスキーは93歳になっても楽しみたいそう。そのためにも、日々「スクワット」と「かかと落とし」をしている。

著者情報

鎌田 實 (かまた みのる)

1948 年、東京都に生まれる。
1974 年、東京医科歯科大学医学部卒業。
1988 年、諏訪中央病院院長に就任。地域と一体になった医療や、食生活の改善・健康への意識改革を普及させる活動に携わる。 2005 年より同病院名誉院長。チェルノブイリ原発事故後の 1991 年より、ベラルーシの放射能汚染地帯へ医師団を派遣し、医薬品を支援。2004 年からイラクの4つの小児病院へ医療支援を実施、難民キャンプに5つのプライマリ・ヘルス・ケア診療所をつくった。国内の活動としては、東北をはじめとする全国の被災地に足を運び、講演会、支援活動を行っている。近年は、健康づくり、介護をテーマとした講演会が増えている。近著に『曇り、ときどき輝く』(集英社) 『だまされない』(KADOKAWA)など。
鎌田 實 オフィシャル ウェブサイト http://www.kamataminoru.com

New Releases

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.