知と創意のエンタテイメント 集英社 学芸編集部

文字サイズを変更 標準

  • Facebook
  • Twitter

New Releases

新刊情報

  • 購入はこちら
  • 電子版はこちら

年34日だけの洋品店
大好きな町で私らしく働く

井形 慶子

判 型:四六判
頁 数:256P
ISBN:978-4-08-781703-4
価 格:定価1,650円(10%税込)
発売日:2021年8月26日

“吉祥寺で2か月に一度だけ店主”、夢を叶えた50代の奮闘記

50代で何かを始める前提は、
それが好きなことか、やりたいことか。

幼い頃から憧れだった、自分の店。
世間的に早いとはいえないが、気力も活力もたっぷり残っている50代半ば、
人気の町・吉祥寺で、英国で探し集めた服と雑貨の店を始めた。
イメージは、イギリスの小さな町にある、衣類から本、食品までを扱う”よろず屋“。
物件探し、リフォーム、仕入れ交渉、初めての接客……ひとつひとつクリアして、夢をかなえた。
英国情報誌の編集長とかけもちのため、年34日だけの営業だが、
「ここにしかない物に出会える」と、開店を心待ちにしている顧客も多い。
愛すべき居場所を手に入れた”ときどき店主“が、忙しくも満ち足りた日々を綴る。
何か始めたい、働き方を変えたい人の背中を押してくれる、50代の奮闘記。


予算70万円でリフォームした31㎡の店内

【本文より】
物を売るだけでなく、イギリスの生活文化や風土までお客さんに届けたい。
扱う商品のほとんどは、イギリスの小さな工房や個人の手仕事。
商品を仕入れる時は、お客さん一人ひとりを思い浮かべる。
店の一日は何もかもが非日常で、何年経っても開店前日はハラハラドキドキ。
毎回、最終日には、私も店で買い物をする。そこには、年を重ねて
やっと見つけたものたちが、よそゆきの顔をして並んでいる。


お客さんに扉を開けて楽しんでもらう陳列棚

【目次より】
1 これからの仕事は小さく好きなことを中心に
2 ストレスフルな高給取りより少額でも固定給の自由人がいい!
3 50代で始める小さな店作り
4 無理なく、ずっと店を続ける工夫
5 英国流小商いで小さな洋品店オープン
6 洋品店という名の何でも屋
7 人生経験でこなす本格的接客仕事
8 店を始めて分かったこと
9 60代、好きなことでも未来は決めない


正式店名は「吉祥寺よろず屋The Village Store」


撮影・沼畑直樹

著者情報

井形 慶子

井形慶子(いがた・けいこ)1959年長崎県生まれ。作家。28歳で出版社を立ち上げ、英国情報誌「英国生活ミスター・パートナー」を発刊。100回を超える渡英後、ロンドンにも住まいを持つ。『古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家』『ロンドン生活はじめ! 50歳からの家づくりと仕事』『イギリス流 輝く年の重ね方』『いつか一人になるための家の持ち方 住まい方』など著書多数。 ブログ「よろず屋Everyman Everyman 」から

New Releases

  • オーパ! 完全復刻版
  • 『約束の地』(上・下) バラク・オバマ
  • マイ・ストーリー
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.