集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

New Releases

新刊情報

  • 購入はこちら
  • 試し読みはこちら

おクジラさま
ふたつの正義の物語

佐々木 芽生

判 型:四六判
頁 数:288ページ
ISBN:978-4-08-781608-2
価 格:本体1,700円+税
発売日:2017年08月25日

映画では描き切れなかった"もうひとつ"の『おクジラさま』

大ヒット映画『ハーブ&ドロシー』の佐々木芽生監督が、
最新映画『おクジラさま』の公開と同時に書き下ろした、
初のノンフィクション作品。

映画『ザ・コーヴ』以降、
和歌山県の小さな漁師町太地に押し寄せた
クジラを巡る大きな衝突を、7年の長期取材を経て描く。

なぜ日本は、クジラやイルカのことで世界の非難を浴びるのか?
その答えを探すために何年も和歌山県の小さな漁師町太地に通い、
現地の漁師や外国人活動家への取材を重ねていく。
グローバルとローカルな価値観が衝突する現場、太地町を取材する中で、
ある時著者自身も捕鯨反対派からの攻撃にさらされる。

問題は、捕鯨やイルカ漁に賛成か、反対かではない。
なぜ動物を巡って対立し、憎しみ合うのか。
映画では描き切れなった取材過程や歴史的な背景を綴る中で、
「捕鯨を守りたい日本人」と「それを許さない外国人」という
単純な二項対立を越えた多様な視点が浮かび上がる。

どうすれば私たちはわかり合えるのか――。


●目次

プロローグ

第一章 太地町、衝突の現場
 太地の祖先たち
 銛突きの子孫、北教育長との対話
 初めての撮影
『ザ・コーヴ』公開後の太地町

第二章 交わらない対話と議論
 不毛な国際会議
 最初で最後の対話集会

第三章 四年後
 撮影再開
 ケネディ大使つぶやく
 淵に立たされた南極海調査捕鯨
 再び閉ざされた扉
 初めてイルカを食べる
 希望の芽

第四章 人と動物の関係
 動物の賢さ
 人間中心主義の原点
 残酷とは
 追い込み漁の船に乗る
 中国玉林の犬肉祭

第五章 クジラと水銀の不思議
 クジラを食べなくなった子どもたち
 内部告発
 水俣病の再来?
 水銀という不思議な物質

第六章 感情が世界を動かす
 メディアの役割
 グリーンピースという媒体
 情報の偏りと公平性
 ポール・ワトソンからの攻撃

第七章 「もうひとつ」の視点
 イルカ漁反対の日本人
 対立を助長する構図
 元イルカ漁師のもうひとつの選択

第八章 排除の先にあるもの
 リック・オバリー逮捕
 太地最後の日

エピローグ
あとがき
主な参考文献
著者情報

佐々木 芽生(ササキ メグミ)

映画監督・プロデューサー。北海道札幌市生まれ。1987年よりニューヨーク在住。フリーのジャーナリストを経て、1992年よりNHKアメリカ総局勤務。『おはよう日本』にてニューヨーク経済情報キャスター等を務め、その後独立して、テレビの報道番組の取材、制作に携わる。2008年、初の監督作品『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』を発表。世界30を越える映画祭に正式招待され、米シルバードックスドキュメンタリー映画祭、ハンプトン国際映画祭などで、最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞など多数受賞。2013年、続編にあたる映画『ハーブ&ドロシー2 ふたりからの贈りもの』を発表。2016年、3作目にあたる長編ドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』を完成させ、同年釜山国際映画祭コンペティション部門に正式招待された。日本では、2017年9月から全国順次公開。

New Releases

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.