集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter

文字サイズを変更

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

十七年ぶりのヨット

更新日:2019/01/09

 この十月、来年の探検のために久しぶりにニューギニア島をおとずれた。十七年ぶりのことである。
 ニューギニア島はグリーンランドに次ぐ世界で二番目に大きな島で、百人中九十九人から「パプアニューギニアですか」と聞かれる。だがニューギニアは島の中央に縦線が一本ひかれて二つの国家に分断されており、東半分はパプアニューギニア、西半分がインドネシアのパプア州である。私が訪れたのはインドネシア側のほうなので、件(くだん)の質問には「いいえ、ちがいます。インドネシアのパプア州です」と丁寧に答えることにしている。非常にややこしく、私としても、いっそ統合してもらいたいと思わないこともないのだが、現実は別の国家なので仕方がない。
 ジャカルタから飛行機を乗り継ぎ、パプア州の州都であるジャヤプラにはいった。経済発展著しい東南アジアの国なので随分様変わりしていることを予想していたが、街中の風景は案外時間の経過を感じさせない気がする。正直、十七年ともなるとあまり鮮明な記憶は残ってないが、歩いているうちに所々でかつて見た風景がよみがえってくる。
 はっきりと、ああここ来たなぁと思い起こされたのは、旅行許可証をもらいに警察署へ向かう途中で通過した港の風景だ。
 岸辺に芝生と柵のある市民公園風の広場がある。
 十七年前の遠征隊は隊長の登山家と女性歌手、そして私の三人というへんてこりんな組み合わせで、日本からはるばるヨットでこのニューギニアまで海をわたってきた。港に入ると錨を下ろし、たしかどこかそのへんの漁民にお願いしてボートで着岸した。そんなことすっかり忘却していたのだが、目の前の芝生広場を見たときに、そうだ、この広場からジャヤプラの町に向かったんだ、と眠っていた記憶がはっきり思い起こされたのである。
 懐かしくなって、当時ヨットを停泊させた場所を見に行くと、驚いたことに別のヨットが停まっていた。私たちが乗っていた船より若干大きな二本マストのヨットで、艤装もしゃれており、使い込まれた様子が伝わってくる。ニューギニア島に来る航海者などさほど多くないはずだ。あの船の持ち主も私たちと同じもの好きな旅人なのだろう。
 どこから来て、どこに向かうのか。そのヨットを見たとき、自分の内面に、海という空間と海を舞台にした物語の時間が一気にひろがるのを感じるのだった。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第45回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.