集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

海食洞

更新日:2017/04/12

 青い海でのんびりとパドルを漕いで海岸のほうを見やると、なにやら黒い謎の穴ぼこがぽっかりと口を開けていることがある。そういうときは当然、反射的に舳先(へさき)の向きをかえて穴ぼこに向かうことになる。近づいてみると洞窟は遠くで見るよりもはるかに圧倒的なスケールで開いており、先行して張りこんだ仲間の姿がやけに小さく見える。土が固まったような岩肌に唐突な感じで穿(うが)たれた黒い深淵は、どこまで続いているかわからず、その深い闇が魅力的であるのと同時に進入者に覚悟をうながしもする。意を決し、波に呑みこまれるように進入する。なかにはごつごつとした灰色の岩肌と、射しこむ光に美しく照らされた青い海、それに黒く湿った砂利の浜以外には何もない。ただ、植物の匂いがいっさいせず、水と鉱物によってのみ閉ざされた空間は変に威圧的ではある。圧迫された狭い空間と反響する波の音が交感神経を刺激して脳内で噴出するドーパミンの量を増加させて、私はモスクワの大聖堂で聖歌を聞いたときと似たような気分になった。自然の神秘に触れた気持ちだ。拝観料を払わなくてもよい無料のパワースポットである。こうした海食洞には時々、社(やしろ)が築かれ祀られていることがあるが、古代人が畏敬の念にうたれた気持ちもなんとなく理解できる。
 それにしても不思議なのは、洞口を見たときに誘われるように舳先をむけるときの、あの自然な感じだ。洞口にはブラックホールのような抗いがたい吸引力があって、吸い込まれてしまうように人はそこに行かずにはいられない。怖いものみたさとは違う、そこに何があるのか確認せずにはいられないという抑えきれない好奇心。あの感覚はなぜゆえに起きるのだろうか。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.