集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

特別編 北極便り ※角幡氏は現在北極探検中です。通信事情により内容はコンパクトですが、不定期で、現地からのお便りをアップします

シオラパルク空撮

更新日:2017/03/08

 北緯77度47分、西経70度38分にあるシオラパルクはグリーンランド最北の集落だ。ご覧のとおりの小さな集落で人口は三〇人ほどだろうか。本来なら〈世界最北〉と書きたいところだが、じつはノルウェー北方のスピッツベルゲン島の居留地のほうがいくぶん北に位置するため、正確にはそちらが世界最北となる。
 シオラパルクにはカナックから週に二便、ヘリコプターの定期便が飛んでいる。天気や視界次第で簡単に欠航したり延期したりするのでフライトスケジュールは無きに等しく、実際、今回の旅でもカナックで五日間待たされた。途中の土日などは風もなく素晴らしい天気に恵まれ、「今日は飛べるだろ」と思ったものの、金曜の時点で「月曜までフライトは順延となった」と聞かされたとおり、やはりヘリは飛ばず、「オレたちは週末は仕事はしないんだ」というエアグリーンランドのパイロットの強固な意志を知らされる結果となった。結局、二〇一六年一一月二日到着予定が七日に到着。日本を出たのが同一〇月三〇日だったので、シオラパルクまで一週間かかったことになる。
 グリーンランド最北の村まで一週間。それが近いのか遠いのか……微妙なところではある。
 一九九一年に隣のカナックに飛行場ができるまで、この地域に入るには特別な許可をとってデンマークのコペンハーゲンからカナックの南にある米軍のチューレ空軍基地に直接乗り入れなければならなかったそうだ。それは地元住民も同じで、グリーンランドの首都ヌークに行くのに、一度チューレ空軍基地からコペンハーゲンを経由しなければならなかったらしく、カナックやシオラパルクのあるチューレ地区は事実上、陸の孤島だった。当時に比べると、フライトスケジュールが不安定とはいえ、はるかにアクセスしやすくなったことは間違いない。ただ、交通の便が発達するということは地元の人も簡単に豊かなグリーンランド南部に移動できるようになったわけで、飛行場の開設以来、伝統的な猟師文化も崩壊の危機に立たされているという。
 今回の極夜の探検はシオラパルクが出発地点だ。村からさらに北に向かって旅をするには、写真奥の黒々とした岩壁の左の谷に入りこみ、その奥の氷河を登って内陸氷床を越えなければならない。氷河まで約一五キロなので、いつも旅をする春であれば凍った海氷のうえをスキーで五時間も歩けば到着する。ところが今回はまだ初冬なので海は黒々と波を漂わせており、凍りつく気配は微塵も感じられない。海岸沿いにできる定着氷もまだ不十分なように見える。こりゃ、いつになったら出発できるんだ? と不安をかかえての到着となった。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.