集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Nonfiction

読み物

Photo Essay 惑星巡礼 角幡唯介

一神教と多神教

更新日:2016/06/22

 ここ数年、毎年のように冬や春になると北極圏で長期の橇(そり)旅行をくりかえしてきた。雪と氷しかない、猥雑なものや不純物の一切が漂白された無垢な世界に身をおいていると、自分と外部の自然とのあいだに仲介物がほとんどなくなり、世界との対峙感が深まるので、ダイレクトに自分の命を取り扱っている感覚があって、面白い。しかし、面白いことは面白いのだが、その一方で日本の緑の山が恋しくなって、無性に沢登りに行きたくなる。
 北極の氷原と日本の沢登りは非常に対照的である。雪氷の荒野がつづく北極の旅は変化にとぼしく、どこまでも過酷な寒さと厳しさにつつまれており、厳格で、隙がない。一神教的であり父性によって象徴される世界だ。一方で、日本の沢は草いきれにムンムンと覆われ、藪だらけ、泥だらけ。蝶がひらめき、カエルが跳びはね、岩魚が回遊し、害虫がはびこる、有象無象の生き物たちが跋扈する濃密でエロチックな自然である。川の流れは数十メートル単位で屈曲するため、その先には淵があるやら瀞(とろ)があるやらさっぱりわからず、曲がってみると青い釜をもった荘厳な美滝が現れたりして、そのたびにポカンと口をあけて、ついつい両手で拝みたくなる。まさに日本の沢はそこかしこに精霊の宿る多神教的世界であり、すべてがつつみこまれていて、母性的なのだ。
 北極のような父なる神に支配された世界にいると、どうしても母なる温もりをもとめて沢に飛びこみたくなる。ということで、今年の夏は日本にフルで滞在することになったので、思う存分、日本が誇る原始境で沢を渡り歩きたいと思っている。その手はじめに、先日、南アルプス深南部を一週間ほどかけて釣り歩いてきた。いやいや、まったく南アの深南部はいつ行ってもヒルがうじゃうじゃ蠢いていて、脛(すね)のまわりを血だらけにされるし、青く陰惨な雰囲気をたたえた深い淵に行きあたっては、ぐちゃぐちゃの泥壁を這いつくばって、悪い斜面を越えなければならず、ダイナミックで濃密な自然を満喫できた。
 ある意味、久しぶりに実家に帰ってきた気分である。母の愛はいつも過剰だ。

著者情報

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)

1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞。12年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第31回新田次郎文学賞。13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。15年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で毎日出版文化賞書評賞。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.