集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Backlist

既刊情報

  • 購入はこちら
  • 試し読みはこちら

喰い尽くされるアフリカ

トム・バージェス 著 山田美明 訳

判 型:四六判
頁 数:384ページ
ISBN:978-4-08-781613-6
価 格:本体1,900円+税
発売日:2016年7月26日

アフリカの資源が産む巨万の富はどこへ消えていくのか!

 豊富な資源に恵まれるアフリカの国々に住む人々が、なぜ過酷な貧困と熾烈な内戦に苦しみ続けるのか? 『フィナンシャル・タイムズ』紙の特派員として、2006年からアフリカに滞在し取材を行ってきた著者は現地の住民、有力者、政治家へのインタビューを続けた。
 かつて植民地時代に、資源と資源が生み出す巨額の金を貪っていた欧米諸国は、グローバル企業という現代版の形に変わり、略奪のシステムに居座るべく、現地の独裁者や有力者とのコネクションを維持しようとする。さらに経済発展を続ける中国が参戦したことによって争奪戦が繰り広げられている実態に行き着く。
 謎にみちた中国人実業家、通称徐京華と彼が率いるクイーンズウェイ・グループの手口もつまびらかにする。

目次

序章 富の呪い

第1章 フトゥンゴ
石油の輸出量ではナイジェリアとアフリカ1位を争うアンゴラ。石油の利権システムを牛耳るのは、フトゥンゴと呼ばれる大統領の取り巻きと家族だが、最近はある中国企業とタッグを組んでいる。

第2章 貧困の温床
ナイジェリアでは石油が乱暴に略奪されたため、発電所の整備に資金が回らず、電気代が高騰。主要産業であった繊維産業が衰退し、市場は中国産の模造繊維製品が席捲した。

第3章 関係(グワンシー)
個人的なつながり、という意味の関係がビジネスでも大切にされる中国。その独自のスタイルを持って、アフリカの経済界に入り込んでいった中国人実業家の存在を明らかにする。

第4章 ゾウが喧嘩をすると草地が荒れる
ギニアで大量の鉱物資源を有すると見られた山脈の採掘権をめぐり、イギリスとオーストラリアを拠点とする資源・鉱業グループ「リオ・ティント」とイスラエルの富豪ベニー・スタインメッツ率いるBSGの鉱業部門が熾烈な争い繰り広げる。

第5章 北京への懸け橋
独裁を続けるニジェールのタンジャ大統領(当時)は、旧植民地時代から続くフランスのアフリカ支配システムに不満を持っていたが、フランスと縁を切るには、代わりとなるパートナーが必要だった。そこに現れたのが中国だった。

第6章 融資とシアン化物
2009年、ガーナのアハフォ鉱山で、アメリカ最大の金採掘企業ニューモントが採掘を行っていたところ、作業で用いたシアン化ナトリウムが漏れるという事故が起きた。この採掘事業には、世界銀行の一部門である国際金融公社も出資をしていた。

第7章 信仰は関係ない
ナイジェリアのニジェール・デルタは世界有数の産油地帯だが、富を独占しようとする政権に対し、不満を持つ武装勢力が誕生し、石油を盗んで密売したりゲリラ戦をしかけていた。また、ナイジェリア北部のジョスでは、元々住んでいたキリスト教住民と移民であるイスラム系住民のあいだに経済格差が生まれ、やがて民族紛争が始まった。

第8章 新たな富裕層
30年近く、ジンバブエ大統領の座に居続けるロバート・ムガベだったが、2008年の選挙で、支持基盤に揺らぎが見えると、資金面の強化のために、国内のダイヤモンド産地マランゲを軍事制圧する。2013年、マランゲで操業していたのは中国のクイーンズウェイ・グループだった。

エピローグ 共犯
著者情報

©Charlie Bibby

トム・バージェス

『フィナンシャル・タイムズ』の調査報道特派員。2006年より南アフリカのヨハネスブルグとナイジェリアのラゴスを拠点に特派員として取材活動を続けてきた。2013年、鉱物資源国、アンゴラとギニアの汚職の実態を暴いた報道でフィナンシャル・タイムズ・ジョーンズ・モースナー記念賞を受賞。同年、王立文学協会のジャーウッド賞ノンフィクション部門も受賞し、本書の取材のための資金を得る。2016年、本書で第77回アメリカ海外記者クラブ賞の国際報道ノンフィクション図書部門最優秀賞を受賞。現在はロンドン在住。

Rerated Books

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.