集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

Backlist

既刊情報

  • 購入はこちら

旅人の表現術

角幡 唯介

判 型:四六判
頁 数:352ページ
ISBN:978-4-08-781611-2
価 格:本体1,800円+税
発売日:2016年6月24日

角幡唯介が自らの手で選び、編み直した探検と表現にまつわるとっておきの対談・エッセイ集!

  • 青春と読書7月号 著者エッセイはこちら
 二〇一〇年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』であざやかなデビューをかざった冒険作家・角幡唯介。その後も数々の探検と作品をものしながら、さまざまな雑誌・書籍に珠玉の記事、対談、書評等を発表し続けている。
 本書は、稀代の旅人のたくみな表現術が何を背景に生まれるか、長い冒険潭とは異なるさまざまな角度から、その思考を浮き彫りにする。〇三年から一六年における旅と文筆の活動歴がひとめでわかる、ファン待望の著者年表付き!

目次
第一部  旅を書く、自分を書く
【記事】『夏の闇』に見る開高健の荒地
【対談】〔沢木耕太郎〕歩き、読み、書く ノンフィクションの地平
【対談】〔増田俊也〕たったひとつの信じるもの
【解説】『ライカでグッドバイ』表現することの狂気
【対談】〔石川直樹〕開高健が求めた失われた“荒地”をカラダと心に取り戻さないか?
【記事】「ここにおれがいるから」普遍的山岳小説の視点
第二部  人はなぜ冒険をするのか
【解説】『日本人の冒険と「創造的な登山」』「反体制」としての冒険
【解説】『百年前の山を旅する』本当の登山へのオマージュ
【解説】『サハラに死す』時代を貫く冒険という文学
【解説】『サードマン 奇跡の生還へ導く人』私もサードマンを見たかった
【記事】もう一度、あの冒険へ
【解説】『冬山の掟』冬山の掟
【対談】〔石川直樹〕冒険する人間と、書き手としての自分
【解説】『外道クライマー』スーパーアルパインクライマー宮城
第三部  旅から見えること
【記事】梅棹忠夫と西陣、北山
【記事】富士登山者、管理を求める人々
【対談】〔鈴木涼美〕危険でも行かなくてはならない場所、書かなくてはならないこと
【解説】『神去なあなあ日常』なあなあとの問いかけ
【対談】〔三浦しをん〕神去村の世界を語る
【記事】『影の地帯』と黒部の強盗
付録  角幡唯介活動年表
角幡唯介さん 新刊メッセージ

著者情報

角幡 唯介(かくはた ゆうすけ)

一九七六年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。二〇一〇年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第八回開高健ノンフィクション賞、一一年同作品で第四二回大宅壮一ノンフィクション賞、第一回梅棹忠夫・山と探検文学賞。一二年『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で第三一回新田次郎文学賞。一三年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第三五回講談社ノンフィクション賞。一五年『探検家の日々本本』(幻冬舎)で第一四回毎日出版文化賞書評賞。

Rerated Books

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.