知と創意のエンタテイメント 集英社 学芸編集部

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • オーパ! 完全復刻版
  • 『約束の地』(上・下) バラク・オバマ
  • マイ・ストーリー
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

Backlist

既刊情報

  • 購入はこちら
  • 試し読みはこちら

渡辺淳一恋愛小説セレクション 6
桜の樹の下で

渡辺 淳一

判 型:四六判変型
頁 数:508ページ
ISBN:978-4-08-781591-7
価 格:本体2,600円+税
発売日:2016年9月5日

絢爛と咲き誇る桜花をモチーフに一人の男を巡る、愛と修羅を描いた代表作。

渡辺淳一恋愛小説セレクション

 京都の老舗料亭の女将・菊乃と娘の涼子。東京の支店を任された涼子はいつしか菊乃の恋人を愛するようになってしまう。京都の四季のうつろいの中で繰り広げられる、母と娘の切ない葛藤と悲劇を描く。
「今度の小説は、桜の精が主人公である。その美しさのなかに秘められた妖しさと不気味さを表現したくて、菊乃と涼子と遊佐を登場させた」と渡辺氏が語っているように、桜の京都に旅したくなる小説。
著者情報

渡辺 淳一(ワタナベ ジュンイチ)

1933年北海道生まれ。医学博士。1958年、札幌医科大学医学部卒業後、母校に勤めるかたわら小説を執筆。1970年『光と影』で直木賞、1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞、菊池寛賞など受賞歴多数。2003年には紫綬褒章受章。作品は、医学を題材にしたものから、歴史、伝記的小説、恋愛小説と多彩で、常に文壇の第一線で活躍した。2014年4月30日没。『化粧』『ひとひらの雪』『失楽園』『鈍感力』ほか著書多数。

Rerated Books

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.