集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

国際指名手配 私はプーチンに追われている


著者 : ビル・ブラウダー
訳 : 山田 美明/笹森 みわこ/石垣 賀子

ロシア経済界に巣食う不正を暴露してプーチンの敵となったアメリカ人ビジネスマンの命がけの闘い

  • 判型 :  四六判
  • 頁数 : 392ページ
  • ISBN : 978-4-08-781572-6
  • 価格 : 本体2,200円+税
  • 発売日 : 2015年06月26日

2005年11月13日、モスクワを拠点にしてロシアで投資ビジネスを成功させていた著者は、いつものように週末を家族の住むロンドンで過ごしたあと、飛行機でモスクワに戻った。空港のVIPラウンジで入国手続きを待っていると、その日に限って何時間経っても待たされたあげく、拘束者用の部屋に連れ込まれ、翌朝、ロンドンに強制送還される。ロシア企業の不正に気づき、調査・告発を続けた結果、著者がプーチンの怒りをかい、攻撃の対象となった瞬間だった。
その後も、脱税疑惑を捏造されたり、モスクワに残った著者の部下や顧問弁護士が不当逮捕されそうになるなど、プーチンの魔の手がしのびよる中、ついに弁護士のセルゲイ・マグニツキーが逮捕され、翌年、獄中で殺されてしまう。
 市場経済へ移行期のロシアで、外国人として最も成功した投資家にのぼりつめ、その後、プーチンの敵となって、様々な陰謀に直面してきた著者が語る迫真のノンフィクション。

ビル・ブラウダーの闘いの経緯


1989年
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のロンドンオフィスで東欧諸国を対象とする投資を始める。
1992年
ソロモン・ブラザーズに転職。ロシアの船団の民営化にあたり顧問業務を担当したのをきっかけに、資本主義への移行期にあったロシアをたびたび訪問し、投資のチャンスをつかむ。
1996年
ロシアへの投資ビジネスが大きく成功し、独立してエルミタージュ・キャピタル・マネジメントを設立。
2000年
ロシア最大の石油天然ガス企業、ガスプロムの横領・不正を調査し告発する運動を開始。以降、国営電力会社のUESやロシア貯蓄銀行ズベルバンクなど、投資先の大企業の不正を追求する活動を続ける。
2003年
ロシアの石油会社ユコスのCEO、ミハイル・ホドルコフスキーが突然逮捕される。
2005年
モスクワの空港で身柄を拘束され、ロンドンに強制送還される。
2008年
著者が仕事を依頼していた税法専門の弁護士、セルゲイ・マグニツキーがロシア当局によって逮捕される。
2009年
劣悪な環境下で拘束され続けたマグニツキーは、獄中で体調を崩したにも関わらず、適切な治療を受けることができず、さらに拷問を受けたのちに亡くなる。
2012年
著者がアメリカに戻り、呼びかけた結果、アメリカの上院議会で、マグニツキー死亡に関与したロシア人官吏のビザ発給停止と資産凍結を認める「セルゲイ・マグニツキー説明責任法」が可決される。
2013年
ロシアが著者に対する広域指名手配をインターポールに要請。

著者情報

ビル・ブラウダー
(c) Peter Lindbergh, Paris,2014

ビル・ブラウダー

投資ファンドのエルミタージュ・キャピタル・マネジメント社の創設者兼CEO。ロシア最大の外国人投資家だったが、2005年に大規模不正事件を暴露した後、ロシアへの入国を拒否された。自身の弁護士セルゲイ・マグニツキーがロシア警察の拘置所で殺害された2009年以来、ロシアで頻発する人権侵害を暴露する世界的運動に携わっている。2012年にはアメリカで「セルゲイ・マグニツキー説明責任法」が成立、マグニツキー死亡に関与したロシア人官吏のビザ発給停止および資産凍結を実現した。現在は、同様の法律を欧州連合で成立させる活動を展開している。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.