集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

月刊少女漫画誌「りぼん」の付録の歴史が1冊にまとまりました!

りぼん60周年記念企画公式本 2015年7月24日発売予定

〜少女漫画誌60年の歴史〜 りぼんの付録 全部カタログ 烏兎沼佳代

「なつかしい! でも、カラーで見たい!」
というリクエストにお応えして、本書内で1色で紹介しているふろくの一部をカラーで公開します。(本文●●p)とあるのは、本書の中で、1色で図版が載っているページです。

※ふろくをクリックすると大きく見られます。

  • 87年4月号 シロちゃんペンシルケース 高田エミ (本文28p)

    紙の箱に、透明のフタをかぶせて使います。ふで箱はふろくの定番で、毎年ついていました。

  • 69年4月号 ちびっこ先生
    巴里夫 (本文155p)

    60年間で600冊以上ある別冊ふろく。そのうち最も長く続いた「カラーシリーズ」の72巻目。

  • 87年4月号 トメ&ヨネちゃん
    ミニルーラー・メイツ
    萩岩睦美 (本文27p)

    これはアイデアふろく! 三角定規、クリップ、分度器、全部紙でできてるけどちゃんと使えます。

  • 66年2月号 さあ大変!ハイだいじょうぶ
    田村セツコ (本文80p)

    日常の困った時の対処法を書いた別冊よみものふろく。60年代は、別冊ふろくが充実していました。

  • 90年12月号 シロちゃんクリスマス
    ゲームブック 高田エミ(本文162p)

    12月号には、クリスマスパーティーで遊べるふろくもつきました。

  • 92年6月号 翠ちゃん
    ゆうびんやさん レターボックス
    矢沢あい (本文166p)

    紙製でもこんなに頑丈なのか、と驚くような箱がたくさんありました。

  • 69年8月号 亜紀と11人の仲間
    竹本みつる (本文156p)

    別冊カラーシリーズ76巻目。竹本先生は、カラーシリーズに9作品があります。

  • 02年4月号 桃花ちゃん開運風水マスコット 松本夏実(本文55p)

    うらない、おまじないの類いも女の子は大好き。流行に合わせて、色々な種類のふろくがありました。

  • 94年11月号 別冊ふろく
    谷川史子 (本文173p)

    別冊まんがは、1冊まるごと1人のもの、逆さにして後ろから別の話が読めるもの、大勢で4コマまんがを描いたものなど、様々でした。

  • 82年6月号
    神秘のプラスティックドール占い
    高橋由佳利 (本文57p)

    赤いお人形を手のひらにのせると、自然と踊り出します。その動き方で運勢が占えるという面白いふろく。

  • 71年4月号 メモノート
    一条ゆかり (本文87p)

    60年間のふろくを数えるとノート200冊超、メモ帳100冊超。メモノートという物もありました。壁にかけて使います。

  • 80年7月号 りぼんギャラリー
    高橋由佳利 (本文50p)

    描き下ろしカラーイラストのポスターはふろくの定番。豪華メンバーによる芸術的な作品がたくさんありました。

  • 93年6月号 翠ちゃん
    おやさいレターセット
    矢沢あい (本文16p)

    「天使なんかじゃない」の豪華レターセット。全部まとめて特製の袋に入っていました。

  • 76年6月号
    テレフォン・インデックス
    一条ゆかり (本文91p)

    最近のりぼんっ子は、これを何に使うのかわからないかも。逆に、今でも使っているという人もたくさんいます。

  • 85年2月号 ドア・メッセージ
    萩岩睦美 (本文49p)

    勉強中、来客中、外出中など、くるくる回して選んで、ドアのノブにかけて使います。

  • 95年1月号 '95りぼんカレンダー
    谷川史子 (本文51p)

    毎年、お正月号についたカレンダー。連載作家のカラー描き下ろしが12枚。1年中楽しめました。

  • 04年8月号 サマーポストカード
    松本夏実(本文196p)

    季節感たっぷりの描き下ろしカラーイラスト入りポストカードもふろくの定番でした。

りぼんの付録 全部カタログ 〜少女漫画誌60年の歴史〜


著者 : 烏兎沼 佳代

月刊少女漫画誌「りぼん」の付録の歴史を1冊にまとめました!

  • 判型 : 四六判
  • 頁数 : 208P+口絵4P
  • ISBN : 978-4-08-781570-2
  • 価格 : 本体1,250円+税
  • 発売日 : 2015年07月24日

カラー口絵4p+1色本文208pの本書は、りぼんのふろく同窓会の会場という設定です。
4pのカラー口絵は、迷いに迷って選んだ代表ふろく39点のカラー図版。 1色本文では、ジャンル別にふろくの歴史をたどったり、60年分の全ふろくの名前を表にしました。
所どころに、コラムやまんが家の先生のインタビューもあります。
どうぞみなさんも、同窓会に参加した気分で楽しんでください。

試し読み

著者情報

烏兎沼 佳代 (うとぬま かよ)

編集者、りぼんのふろく研究家。
1961年山形県生まれ。駒沢大学卒。高校教師、台湾での日本語教師を経て、文春ネスコで10年勤務。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.