集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち 


著者 : 黒川 祥子

第11回開高健ノンフィクション賞受賞後第一作
初めて被害者の少女とその家族に迫った衝撃の書

  • 判型 :  四六判
  • 頁数 : 320ページ
  • ISBN : 978-4-08-781568-9
  • 価格 : 本体1,600円+税
  • 発売日 : 2015年06月26日

すべての母親が読むべき一冊!

少女たちの涙に胸が裂ける。
激痛、記憶障害、眼振、痙攣…新たな薬害「子宮頸がんワクチン」
後遺症の全貌がここにある(石田衣良氏・作家)

負けない!

健康だった少女の"普通の毎日"は、すべて失われた。

日本で338 万人が打ち、いまだに打ち続けている「子宮頸がんワクチン」。
それを接種した結果、少女たちに何が起こったのか-。
第11 回開高健ノンフィクション賞受賞作家、黒川祥子が、
今まで誰も踏み込まなかった6 人の少女たちの日常を取材。
想像もできないようなさまざまな症状に脅かされながら、
闘い続ける娘と、その母の姿を追った。
さらに産婦人科医師、治療する医師、厚生労働省などの証言も加え、
「子宮頸がんワクチン」問題を多角的に検証。
これは決して、「対岸の火事」ではない。

被害者少女と母たちのルポ
  • 「おもいだしてもわすれなみがきて
    またきおくがさらわれる

    娘・川村真希さん(15歳)
    母・川村葉子さん(40歳)

  • 「学校に、戻りたい。
    そして、時間も
    戻してほしいです。
    中一の5月に」

    娘・菅沢奈緒子さん(15歳)
    母・菅沢翠さん(40歳)

  • 「日に日に、娘の身体が
    壊れていくんです。
    身体にエイリアンが入って、
    娘をむちゃくちゃにしていく。

    調子が悪いなんていう、
    そんなレベルではない」

    娘・谷口莉奈さん(16歳)
    母・谷口美穂さん(45歳)

  • 「娘はこうして
    治ってきているんです。
    みんな、どうしようって、言ってるけど、
    希望があることを伝えたい

    娘・松藤真衣さん(15歳)
    母・松藤美香さん(47歳)

  • どんなに苦しくても、
    生きないと
    。死んじゃったら、
    これをワクチンの被害だと認めていない
    厚労省というところは、
    やっぱり心因的だって、とらえるから」

    娘・三咲あすかさん(15歳)
    母・三咲優子さん(43歳)

  • 「化学物質と電磁波を
    浴びると、脱力が起きるんです。
    力が突然、抜けてしまう
    それは足だったり、手だったり。
    不随意運動は、音がきっかけで
    起きることが多いです」

    娘・荻原葵さん(17歳)
    母・荻原文枝さん(43歳)

※被害者の少女・母親の名前は、一部を除いて仮名です。

子宮頸がんワクチンをめぐる5つの証言
  1. 1. 日本産婦人科学会会長・小西郁生
  2. 2. 東京医科大学医学総合研究所所長・西岡久寿樹
  3. 3. 薬害オンブズパースン会議・隈本邦彦
  4. 4. 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長・池田としえ
  5. 5. 厚生労働省

試し読み

著者情報

黒川 祥子

黒川 祥子 (くろかわ しょうこ)

1959年生まれ。福島県出身。東京女子大学文理学部史学科卒業。
弁護士秘書、ヤクルトレディ、デッサンモデル、業界紙記者などを経てフリーライターに。
家族の問題を中心に執筆活動を行う。
著書に『熟年婚 60歳からの本当の愛と幸せをつかむ方法』、『誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち』(第11回開高健ノンフィクション賞受賞作)。
橘由歩の筆名で、『「ひきこもり」たちの夜が明けるとき 彼らはこうして自ら歩き始めた』『身内の犯行』『セレブ・モンスター 夫バラバラ殺人犯・三橋歌織の事件に見る、反省しない犯罪者』など。
本作が開高健ノンフィクション賞受賞後第一作となる。
息子が二人いるシングルマザー。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.