知と創意のエンタテイメント 集英社 学芸編集部

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • オーパ! 完全復刻版
  • 『約束の地』(上・下) バラク・オバマ
  • マイ・ストーリー
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

お弁当が知ってる家族のおはなし 


著者 : 清原 亜希

  • 判型 :  四六判
  • 頁数 : 128ページ
  • ISBN : 978-4-08-781566-5
  • 価格 : 本体1,400円+税
  • 発売日 : 2015年04月24日


【再現して撮りおろした母ちゃん弁当】
二日間にわたるお弁当撮影の材料買出しから下ごしらえ、お弁当詰めまで著者の手によります。お弁当箱も自前にこだわりました。しょうゆも出汁も、すべてがいつもと一緒。すべてがリアルでありのままです。思い出深いお弁当を完全に再現し、撮りおろしを敢行。見た目ではなく、食べ応え重視の茶色い「母ちゃん弁当」はどこか懐かしく温かく、読む人を幼かったあの日へと誘います。
飾らぬ言葉はまるで亜希さんの自宅で話しを聞いているかのような臨場感。亜希さんの、子供たちの声が生き生きと聞こえてきます。

【お弁当は日本人の共通項である】
小さなスペースに主食・おかずを凝縮したお弁当は、日本人の成長過程に不可欠な共通項です。ところでお弁当を食べる側はどう思っているんだろう? そんな亜希さんの素朴な疑問から端を発したのが「かつての娘たち・息子たち思い出弁当アンケート」。迫力の回答数は昭和から平成への貴重な世相史となりました。

【頑張らない日のお弁当提案も】
とはいえ毎日のお弁当作りはたいへん! 亜希さんが考える「たまにはひとやすみお弁当」は、手抜きのようでいて実は子供としっかり信頼関係が結ばれていてこそ成り立つもの。いままさに、そして将来お弁当と格闘するお母さんたちに亜希さんから「たまには力抜いて!」と提案されたお弁当スキルです。

【実は男性にこそ読んでいただきたいのです】
「かつて息子だった男性たちに」。この本のひとつのテーマでもあります。言葉にはできない思いや気持ちをお弁当が伝えてくれる。そのことを誰よりも知っている著者が、特に思い出深いお弁当のエピソードを真っ直ぐな言葉で届けます。掘り起こした思い出は、ある家族の歴史であるとともに、私たちひとりひとりの歴史。読み終えたとき、きっと誰かとお弁当の話しをしたくなるはずです。

【目次】
ふるさとがくれたお弁当/もやしの達成感/コンビニ弁当はライバルか?/ 長男の好きなお弁当/次男の好きなお弁当/母が作ってくれたお弁当……ほか

著者情報

清原 亜希

清原 亜希 (きよはら あき)

1969年生まれ。モデル。女性誌・広告などで活躍。
抜群の私服センスには常に読者からの問い合わせが殺到し、セルフスタイリングでみせるファッション企画も大人気。
飾らぬ人柄を反映した「亜希さん弁当」にはファン多数。
食べ盛りの男子二人の母である。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.