集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

邸宅美術館の誘惑 


著者 : 朽木 ゆり子

『フェルメール全点踏破の旅』『東洋の至宝を世界に売った美術商 ハウス・オブ・ヤマナカ』『ゴッホのひまわり 全点謎解きの旅』の朽木ゆり子最新作!

  • 判型 :  A5判
  • 頁数 : 160ページ
  • ISBN : 978-4-08-781553-5
  • 価格 : 本体1,900円+税
  • 発売日 : 2014年10月24日

 コレクターの夢、アートファンにとっては至福の美の空間、それが「邸宅美術館」だ。邸宅美術館とは、ある個人の自宅や別荘だった建物を、その美術コレクションごと美術館として公開しているものを指す。ルーブルやメトロポリタンなど、名だたる大美術館に比べれば、建物もコレクションは確かに小さい。しかし、コレクターの個性が色濃く反映されていて非常におもしろい上に、コレクターの住居の贅沢な空間も共に楽しめるのだ。

 海外の有名美術館はすでに見てしまったという中級以上の旅行者や、リピーターにとって邸宅美術館を訪ねることは素晴らしい旅の目的となるはず。ここでは、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界中の邸宅美術館から、グッゲンハイム美術館、ジャックマール・アンドレ美術館、バーンズコレクションなど至宝の15館を紹介。豊富な写真と朽木ゆり子のわかりやすい解説でおくる。居ながらにしても、旅しても楽しめる究極のガイドブック!

<紹介する美術館>ヨーロッパ、アメリカを中心に15館を厳選

  1. バーンズ財団 (フィラデルフィア/アメリカ)
  2. イザベラ・スチュアート・ガーデナー美術館(ボストン/アメリカ)
  3. ポルディ・ペッツォーリ美術館(ミラノ/イタリア)
  4. ジャックマール=アンドレ美術館(パリ/フランス)
  5. シャンティイ城コンデ美術館(シャンティイ/フランス)
  6. マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館(アントワープ/ベルギー)
  7. ロコックス・ハウス(アントワープ/ベルギー)
  8. ヴァン・ビューレン美術館(ブリュッセル/ベルギー)
  9. オスカー・ラインハルト・コレクション<アム・レームホルツ>
    (ヴィンタートゥール/フランス)
  10. ラングマット美術館(バーデン/スイス)
  11. ペギー・グッゲンハイム・コレクション(ヴェネツィア/イタリア)
  12. ヴィラ&パンザ・コレクション(ヴァレーゼ/イタリア)
  13. フィリップス・コレクション(ワシントンDC/アメリカ)
  14. モーガン図書館&美術館(ニューヨーク/アメリカ)
  15. フリック・コレクション(ニューヨーク/アメリカ)

朽木ゆり子スペシャルインタビュー


スペシャルインタビュー 後編





邸宅美術館、ここが見どころ! 読みどころ!
  1. 小さいながらもオーナーが興味のあるジャンルに絞り込んだコレクションの質の高さ
    (例:バーンズ財団はセザンヌ、ルノワールだけで250点)
  2. コレクターが暮しの中で、絵画を楽しんでいた様子がそのまま味わえる。絵画だけでなく、他の美術工芸品や贅を尽くした邸宅そのものも見どころ(お宅拝見の醍醐味!が味わえる)。
    強烈な個性のコレクターたちの人生も読み応え満点。
  3. コレクションの貸し出しNGの美術館も。ここに行かないと見られない名作がたくさん!


© Hiroshi Abe

試し読み

著者情報

朽木 ゆり子 (くちき ゆりこ)

美術ジャーナリスト、ノンフィクション作家。東京生まれ。国際基督教大学教養学部社会学科卒、同大学院行政学修士課程修了。コロンビア大学大学院博士課程にて学ぶ。日本版『エスクァイア』誌副編集長を務めた後、1994年よりニューヨーク在住。主な著書に『フェルメール全点踏破の旅』『東洋の至宝を世界に売った美術商 ハウス・オブ・ヤマナカ』『ゴッホのひまわり 全点謎解きの旅』など。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.