集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 対談 講演

愛する伴侶を失って 加賀乙彦と津村節子の対話


著者 : 加賀 乙彦/津村 節子

最愛の伴侶に先立たれた時、その悲しみとどう向き合えばよいのか

  • 判型 :  四六判
  • 頁数 : 168ページ
  • ISBN : 978-4-08-781520-7
  • 価格 : 本体1,200円+税
  • 発売日 : 2013年06月26日

 65歳以上人口が3千万人を突破、超高齢化社会を迎えた日本。苦楽をともにした伴侶を亡くしても、なお長い年月を一人で生きていかねばならない厳しい現実が待ち受けています。夫・吉村昭氏を2006年に亡くした津村節子氏、妻・あや子氏を2008年に亡くした加賀乙彦氏。二人の作家が伴侶を失った悲しみと、それを乗り越えるべく苦悩する日々を率直に語り合います。
 加賀乙彦氏と津村節子氏は作家として40年以上の交友がありますが、対談の形で長い時間語り合ったのは今回が初めてです。伴侶を失った夫として、妻として。また創作に携わる作家として。切なくも深く、そして心温まるお二人の対話は、読む者誰もの胸をうちます。

試し読み

著者情報

加賀 乙彦

加賀 乙彦 (かが おとひこ)

1929年東京都生まれ。精神科医・小説家。
東京大学医学部医学科卒業。東京医科歯科大学助教授、上智大学教授を歴任。日本藝術院会員。『フランドルの冬』(芸術選奨文部大臣新人賞)『不幸な国の幸福論』『宣告』『永遠の都』(芸術選奨文部大臣賞)『雲の都』(毎日出版文化賞特別賞)など著書多数。2011年度文化功労者。

津村 節子

津村 節子 (つむら せつこ)

1928年福井県生まれ。小説家。
学習院女子短期大学国文科卒業。1965年『玩具』で芥川賞受賞。『流星雨』(女流文学賞)『智恵子飛ぶ』(芸術選奨文部大臣賞)『紅梅』(菊池寛賞)など著書多数。日本藝術院会員。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.