既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極


著者 : 角幡 唯介

今なお人を追い詰める酷寒の北極圏。一九世紀、地図なき世界と戦い、還らなかった人々を追う、壮絶な一六〇〇キロ徒歩行!

  • 判型 : 四六判ハード
  • 頁数 : 392ページ+口絵16ページ
  • ISBN : 978-4-08-781506-1
  • 価格 : 本体1,800円+税
  • 発売日 : 2012年09月26日

極地探検史上最大の謎、19世紀に129人全員が行方を絶った英国のフランクリン探検隊。
幻の北西航路発見を果たせず全滅したとされるが、アグルーカと呼ばれる生き残りがいた?
人間の生と死をめぐる力強い物語!

著者情報

角幡 唯介

角幡 唯介 (かくはた ゆうすけ)

一九七六年北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大探検部OB。二〇〇一年、ヨットで太平洋を航海後、ニューギニア島トリコラ北壁初登。〇二~〇三年、長らく謎の川とされてきたチベット、ヤル・ツアンポー川峡谷の未踏査部を単独で探検。〇三年朝日新聞社入社、〇八年同退社、同年ネパール雪男捜索隊隊員。一〇年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で第八回開高健ノンフィクション賞、一一年同作品で第四二回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。次作『雪男は向こうからやって来た』で一二年第三一回新田次郎文学賞を受賞。