集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

既刊情報

ジャンル:単行本 随筆 ノンフィクション 他

原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる


著者 : 鎌仲 ひとみ

原発、被ばくを追い続けた映像作家が伝える、新しい世界の作り方

  • 判型 : 四六判
  • 頁数 : 200ページ
  • ISBN : 978-4-08-781503-0
  • 価格 : 本体1,300円+税
  • 発売日 : 2012年07月26日

三・一一以降、どのような未来が可能か、私たちはこれから何を選択したらいいのか。『ミツバチの羽音と地球の回転』で、原発に頼らない世界の可能性を描き、日本全国で若いお母さん達による自主上映のムーブメントを作り上げたドキュメンタリー作家、鎌仲ひとみが提案する、一人一人が創る「ミツバチ革命」の起こし方。

 これまで日本の国民はいろんな局面で、お上のやることだから、とあきらめてきたわけですが、今回だけは、あきらめることができない。自分の子どもの命や健康だけは、あきらめることができない。自分の子どもの命や健康のことを、あきらめるわけにはいかないんです。絶対に譲れない。もし、ここで譲ってしまえば、命をつないでいくことができなくなる。命をつないでいくことができない社会には、未来がない。これだけの惨事が起きてもマスコミは変わらなかったし、政治も変わらなかった。多くの母親が、このまま政府や自治体、マスコミに任せていては、子どもの命は守れないと悟った時に、自分たちで変えていこうというスイッチが入った。これこそを私は「ミツバチ革命」と呼びたいと思います。(本文より)

目次

はじめに

第一章 ヒバクシャ 世界の終わりに
始まりは医療の問題から/湾岸戦争から7年目のイラクで出会った子どもたち/砂漠の狐作戦/ラシャとの約束/肥田舜太郞医師との出会い/『ヒバクシャ 世界の終わりに』への道/九・一一後の世界とイラク再訪/バグダッド/ムスタファ/アメリカへ がん宣告の中の編集作業/アメリカの被ばく者/被ばくを生きる。それぞれの普遍/憎しみではなくて、愛/抜け落ちていくのは、生身の人間の苦しみ/放射性物質が引き起こす分断

第二章 六ヶ所村ラプソディー
原発 ハンフォード 六カ所村/フラットな視線/六ヶ所村へ/六ヶ所村通信/内面から共感すること/巨大開発の犠牲者たち/常識がひっくり返った世界/自分自身の加担も自覚すること/日本原燃/「いい人」の集団がなぜ破壊のアクセルを踏み込むのか?/放射能は目に見えない/自己欺瞞と合成の誤謬

第三章 ミツバチの羽音と地球の回転
六ヶ所村ラプソディーのその後/出口を探して/ミツバチへの旅 スウェーデン/ナチュラル・ステップの四つのシステム条件/シンプルでエレガントなエネルギーシフト/石油フリービジョン/脱原発依存は可能か/地球の回転が生み出すエネルギー/祝島との出会い/祭りと反原発/地域分断作戦/希有なリーダー山戸貞夫/山戸孝くんの闘い/離島であることの強み/祝島一〇〇%エネルギー自給プロジェクト/運動に参加してきた若者たち

第四章 映画と共振する人々
経済の原理と生命の原理/命を大切にする思想/地域でエネルギーを地産地消する/持続可能な社会に向かうために/民主主義のエクササイズ/自分たちが変わること/話すことで回路がつながる/ミツバチが作るつながり 震災以降のできごと/自らの根っこにつながるために/共振する力/つながりを取り戻すために

あとがき


試し読み

著者情報

鎌仲 ひとみ

鎌仲 ひとみ (かまなか ひとみ)

鎌仲 ひとみ(かまなか ひとみ) 映像作家
早稲田大学卒業後ドキュメンタリー制作の現場へ。1990年初作品『スエチャおじさん』監督、文化庁助成を受けカナダ国立映画制作所へ。93年からNYにてメディア・アクティビスト活動。95年帰国、フリー映像作家としてテレビ番組、映画を監督。2003年ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』以降、06年『六ヶ所村ラプソディー』、10年『ミツバチの羽音と地球の回転』の三部作で被曝と原発の問題を追う。最新作は『内部被曝を生き抜く』。

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.