知と創意のエンタテイメント 集英社 学芸編集部

文字サイズを変更 標準

  • Facebook
  • Twitter

情報・知識&オピニオン imidas

オピニオン

Columns

黒川祥子

時事問題や社会現象、文化、スポーツまで現代の動きを各界の専門家が解説。

新しい結婚のカタチ、「友情結婚」とは?(前編)~結婚相談所「カラーズ」の取り組み

 日本人の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合)は、男性約26.7%、女性約17.5%(注1)と言われています(2020年の推計値)。
「結婚してこそ一人前」「いつになったら結婚するの?」「その年で独身なんてみっともなくて世間に顔向けできない」……親や社会から無造作に、あるいは熱心に向けられる、「結婚プレッシャー」を負担に思う単身者は多いのではないでしょうか。でも、結婚(法律婚)しようにも踏み切れない理由は人それぞれ。中には「異性とセックスしたくない」から結婚は無理、と諦めている人だっているのです。そういう男性と女性がお見合いし、おたがいのメリットのために結婚できる選択肢があるとしたら……? 2015年に設立された結婚相談所「カラーズ」では、性愛抜きの法律婚を「友情結婚」と定義して、マッチングサービスを提供しています。ジャーナリストの黒川祥子さんが取材しました。

●「友情結婚」とは?

「友情結婚と一般的な結婚の違いは、友情結婚には『性愛関係がない』、これだけです。これ以外の定義付けはありません。『カラーズ』で成婚された方々を見ても、結婚したい理由や夫婦の形などさまざまで、一般的な結婚と変わらないと思います」

 日本初にして唯一、「友情結婚」に特化した結婚相談所「カラーズ」代表、中村光沙(ありさ)さん(35歳)はこう語る。


「カラーズ」代表、中村光沙さん(写真提供:カラーズ)

「友情結婚」とは、恋愛結婚に対して作られた言葉だと言われるが、いつ誰が言い始めたかはよくわからない。10年以上前から、性的マイノリティの人たちが掲示板やmixiで使っていたそうだが、ではなぜ、性的マイノリティの人たちの中から、「友情結婚」という言葉が生まれたのだろう。

「身近なLGBTQの方たち、中でも同性愛者の方に話を聞くと、パートナーと結婚したいと願っていても、そのパートナーと同性婚をしたい人や、そのための法改正を望む人は非常に少数でした。なぜなら、いまの日本では、国が仮に同性婚を認めても、現実は親や会社に受け入れられることは難しいと考えているからです。そういった状況にあって、そもそもカミングアウト自体を望んでいません。ならば、結婚したいなら異性とするしかない。しかし、結婚は通常、性行為が伴うものですが、彼・彼女たちは異性と性行為ができない。そこで考えだされたのが、性愛関係のない結婚でした。そうした結婚を“友情結婚”と呼んだわけです」

 性行為が存在しない結婚ゆえに、「友情」と冠されたということか。

●恋愛・性愛なしのマッチングサービス

 自身は異性愛者であるという中村さんがなぜ、友情結婚だけを扱う結婚相談所を立ち上げることになったのだろう。
 15歳から25歳までアメリカで暮らした中村さんにとって、LGBTQの人たちは当たり前の存在として身近にいた。しかし、日本に帰国した途端、その存在が見えなくなった。中村さんは、そこに違和感を抱いた。

「なぜだろうと調べてみたら、LGBTQの人たちは日本にもアメリカと同じくらいの比率で存在するのに、日本の文化や風潮が壁となってカミングアウトができずにいることがわかりました。ならば、この分野で、私にも何かできないか。起業したいという思いもあり、ネット検索を続けていたら、友情結婚という言葉に行きあったんです」

 そこで出会ったのが、カラーズ創設者の一人となる、ゲイの男性だった。彼はすでにレズビアンの女性と掲示板を通して出会い結婚していた、友情結婚の先駆者だった。

「彼は友情結婚をしたい人たち向けのお悩み相談のようなブログを書きながら 、何かその人たちの手伝いができないかと思っていました。でも、自分の性的指向をカミングアウトしたいわけではないので、表立った活動ができない。では、私が表に立ちますから、結婚相談所を立ち上げましょうとなり、2013年から準備を開始しました。彼と出会っていなければ、カラーズは形になっていなかったと思います」

 こうして中村さんが代表となり、カラーズを設立したのが2015年3月。最初の1年は会員の募集にとどまり、会費もとらなかったので、売り上げゼロを覚悟してのスタートだったが、「こういうのを待っていました!」と、設立当初から反響があった。

「1年目の終わり頃、会員数が50人ほどになったあたりから本格的に会費をとってマッチングサービスを始め、すぐに最初の成婚例という実績ができ、そこから徐々に会員も成婚数も増えて……、という6年間でした」

 中村さんは自らを「日本一、数多くのカミングアウトしていない性的マイノリティの方と話した人」と称す。

「カミングアウトしているLGBTQの方と話したことのある方はたくさんいますけど、カミングアウトしていない方と話した経験は、多分、私が最多だと思います」

 その数、およそ2000人。うち、会員となり婚活を開始した人が626人(2015年3月~2020年12月)。成婚者は244人(同期間)、成婚率約39%。どんなに高くても成婚率30%を超えることのない婚活業界ではあり得ないほど高い実績を上げてきた。


入会のための面談ルーム(写真提供:カラーズ)

●会員男性は、ゲイが圧倒的多数

 カラーズには、どんな人たちがやってくるのだろうか。

「大前提としてまず、異性と性行為ができない人たちですね。しかも、自分のセクシャリティをカミングアウトしておらず、社会に溶け込んで生きている方となります」

 男性はゲイが圧倒的に多い。ただし、テレビなどから一般的に思い描くゲイのイメージからはかけ離れている人たちだ。

「ゲイであることをカミングアウトしている人は、異性との結婚に興味がないので、カラーズには来ません。入会相談にいらっしゃる方の中には、男性と付き合ったことも、身体の関係も持ったことがなく、ただし男女どちらに恋愛的または性的な興味があるかといえば男性だ、という方も多いです」

 恋愛の対象、性愛の対象も人によりさまざまだ。男性たちは中村さんに、友情結婚への思いを語る。
「田舎は閉鎖的な社会だから、同性と遊べばすぐにバレてしまう。だから、“普通”の結婚をして、静かに生きていきたい」
「セックスの対象は男性だが、恋愛感情は男女どちらにも抱かない。特定の同性パートナーをつくりたいわけではないので、結婚は“普通”にしたい」
「恋愛対象は女性だが、性的欲求の対象は男性のみ。だから、友情結婚しかない」
 特定のパートナーがいて、その人の了承のもとに友情結婚を希望する人もいるが、カラーズでは50人に1人くらいと少数だと言う。

「真面目な人が多いという印象です。同性愛者の場合、性的指向の自認が比較的早いんです。同性を好きになることで、自分は異性愛者というマジョリティではないと早い時期にわかる。わかったと同時にそれを隠して生きていこうと思い、他の部分で頑張ろうという意思の強い方が多いように感じます」

 なぜ、自身のセクシャリティを隠して生きていきたいか。それは冒頭で触れたように、日本では性的マイノリティであることを、ありのままに受け入れる土壌がまだないからだ。「親を失望させたくない」と語る会員は非常に多い。

「皆さん、基本的に両親にカミングアウトしない、悲しませたくないから、と言いますね。いくらLBGTQへの理解が進んだとはいえ、60代、70代の親世代が息子をありのまま理解するのは難しいですから」

●会員女性の9割はアセクシャルかノンセクシャル

「カラーズを立ち上げた時、友情結婚というのはゲイとレズビアンのカップルを想定していたのですが、女性の場合、圧倒的に多いのがアセクシャル、ノンセクシャルの方で、今は会員の9割にのぼります。レズビアンの方はカラーズでは少数ですね」

 アセクシャルとノンセクシャルは、どちらも「無性の」という意味を持つ英語である。性的指向を示す場合には、アセクシャルは性的欲求や恋愛感情を一切抱かない人たちのこと、ノンセクシャルは恋愛感情は抱くものの性行為ができない人たちのことを指して使われている。アセクシャルは、世界人口の1%ほどいると言われている。筆者自身、カラーズの取材で初めて知った存在だった。

「ゲイやレズビアンと違って同性を好きになるわけではないので、アセクシャルやノンセクシャルの方は結婚適齢期が来た時など、だいぶ後になって自己の特性に気づく方が多いです」

 男女交際や恋愛感情に違和感はあるものの、いずれ結婚するだろうと思ってはいたが、いざ、付き合うとなると性行為に踏み切れない。手をつなぐことはできるが、キスは無理。ホテルに行ったものの手前で逃げ出す。そういった経験を繰り返してきた女性たちが、カラーズの存在を知ったことで、自身の特性に気づいていく。

「面談の時点では、『恋愛も性行為もしたくない私って、どうなんでしょうか?』と、女性は相談から入る方も多いですね」

 中村さんは女性たちに、質問を投げかける。
「初恋の思い出はありますか?」「お付き合いをした方と、セックスができましたか?」
 そう尋ねられて、泣いてしまう女性も多い。

「深く傷ついている方もいます。“普通”に恋愛しよう、性行為に応えようと頑張ってきた人ほど、泣いてしまいます」

 交際過程で性行為を求められ、それが苦痛で別れ、また違う人と付き合って、やっぱり無理だと気づくことを繰り返した女性たちだ。
 意外なことに中村さんのもとには、50代や60代の女性からの問い合わせもくるという。既婚の人もいれば、離婚した人もいる。「どうして今までこんなにセックスが嫌だったのか、腑に落ちました。もっと早く、アセクシャルやノンセクシャルという言葉を知りたかったです」と彼女たちは言う。
 女性は結婚するもの、結婚すればセックスするもの。それが「当たり前」だと言われて育ち、結婚生活の中で、意に反して性行為をせざるを得なかった女性たちが、水面下にどれほどいるのだろう。

「一方、性行為の経験が一切ない方も多いです。自分が性的に見られるだけで、気持ちが悪い。キスをしたこともないと。彼女たちは雑誌などでよく特集されている『抱かれたい男ランキング』なんてギャグだと思っていたと言いますね。男に抱かれたいなんて、女性が思うわけがないだろう、と」

 おそらく彼女たちはみんな、周囲から「まだいい人と出会ってないから、恋愛・結婚のよさがわからないのだ」などと決めつけられてきたのだろう。「そうではない」と喉まで出かかっても、誰もが恋愛をするものだという「当たり前」が彼女たちの口を塞いできた。

「自分の違和感を誰にも話したことがない、言ってもわかってもらえないからと、皆さん、おっしゃいます」

 恋愛結婚などたかだか、戦後数十年の歴史しかない。実際、祖父母、曾祖父母の時代にはお見合いなどで、恋愛感情を抱くどころか、顔も知らない相手と結婚することも珍しくなかった。にもかかわらず、なぜこれほど、恋愛が「至高」「不可欠」であるかのように奉られているのだろう。少女マンガやドラマの影響なのか、結婚への道は恋愛以外あり得ないような“刷り込み”が未だ、世を覆っている。しかし、人生をともに歩める人を見つけられたのなら、恋愛や性愛が伴っていようといまいと、その価値は変わらないはずだ。「恋愛すべき」という内外の圧力に耐えきれなくなった人にとっては、友情結婚は、驚くほど新鮮な選択肢に映るだろう。

●なぜ、結婚なのか

 彼・彼女たちが結婚したい理由は、恋愛結婚とあまり変わらないと中村さんは言う。

「結婚相手に恋愛感情を抱いている 、という点を除けば、一般的な理由と同じです。伴侶がほしい、家族がほしい、親を安心させたい。人によっては世間体、キャリアアップのため。結婚しない人が増えているとはいえ、日本ではまだまだ結婚しないというのはマイノリティですよね。やっぱり、生きづらいんです」

 職業によっては、結婚していないことが、昇進や信頼の妨げになることもある。一定の年齢になれば、結婚していないだけで周囲の圧にさらされる。余計なプレッシャーを跳ねのける上でも、「“普通”に結婚する」ことが重要になってくる。
 だからといって、カミングアウトして同性婚をしたいわけではない。

「皆さん、“普通”に生きていきたいと言うんです。異性と結婚して子どもをもうけて、家族になる。『自分の親みたいな家族をつくりたい』と言いますね」

 そう、子どもがほしいという理由はかなり大きい。男性の9割は、自分の子どもがほしいと望んでいる。女性の場合は年齢の問題もあり、子どもを持ちたいと思うのは7割か8割ほど。

「男性は特に、子どもがほしくなければ、そもそも婚活しないですよね。女性を好きにならない男性でも子どもはほしいと思い、性愛によらない結婚を選ぶわけです」

 友情結婚における妊活は、もちろん性行為以外の方法だ。

●交際期間は、話し合い期間

 カラーズでは、面談、入会を経てお相手を紹介された後、「話し合い」期間といういわゆる交際期間に入る。
「『話し合い冊子』というガイドラインを作っていて、これに沿って結婚の条件をすり合わせていく時間が交際期間となります」


「話し合い冊子」をもとに、生活面、仕事面、人間関係など、さまざまなことをすり合わせる(資料提供:カラーズ)

 例えば、恋愛結婚ならおざなりにされがちなことだが、お金に関してはお互いの収入や貯金額、あるいは借金など全てを明らかにする。

「婚前にきちんと話し合うことは、友情結婚に限らず、どんな結婚生活でも必要なことだと思います。生活費、子どものこと、親の介護、冠婚葬祭での親戚付き合い、住居、家事の分担などすべてが、結婚前にきちんと話し合っておかないと、必ずもめるようなことですから」

 子どもに関しては、希望するか、しないか。希望するならば、「妊活方法」をどうするか。これこそ、友情結婚ならではの問いだ。

「妊活方法に関しては、一般的な不妊治療と変わりません。シリンジ法(シリンジ=針のない注射器に精液を入れ、膣に注入する方法)や、人工授精など。妊活は時間的、精神的、金銭的に負担がかかるので、妊活方法についてお互いの条件や希望のすり合わせが必須となります」

 同居か別居かという選択もあるが、圧倒的に同居を望むカップルが多い。別居を選ぶのは、50組中1組か2組だと言う。

「同居とはいえ、それぞれ個室を持つのが基本ですので、2LDK以上の住居になりますね。共働きが圧倒的ですので、食事をいつも一緒にとるのか週末だけなのか、など話し合います。掃除や洗濯など家事の分担も話し合いますし、光熱費や家賃など家計をどう負担していくかも、具体的に話し合っていきます」

 共働きを望む人が多いのは、仕事にやりがいを持って働いている女性が多いこともあるが、婚姻関係がこの先どうなるかわからないため、経済的自立を手放したくないと考えている女性もいるようだ。

「離婚については冊子に書いていませんが、どういったことが起きれば離婚になる、ということは話し合っておいたほうがいいとお伝えします。だから、その項目として『相手にしてほしくないこと』があります。話し合いの過程では、否応なく自分を見つめることになります。好きか嫌いでなく、自分ありきの結婚ですから。なぜ、結婚したいのか、どんな人生を送っていきたいのかなどが、あぶりだされてくるわけです」

 話し合い項目に、「LGBT活動について」というものがあるのも、友情結婚ならではだ。

「主にゲイやレズビアン、つまり『同性への恋愛感情や性的欲求がある』方が対象で、『家庭の外に恋人を作るかも』『風俗店にたまには行きたい』などの行為を、『LGBT活動』と呼んでいます。それらの行為について、配偶者として認めるかどうかを話し合います。『知らなくていい』という人もいれば、『しっかり聞いておきたい』という人もいます」

 話し合い期間中に、デートの時間も持つようにと勧めている。

「一般の結婚相談所はNGとしていますが、お互いの家に行ったほうがいいとアドバイスします。部屋を見れば生活感、価値観がわかるので。宿泊はNGですが、一緒に遠くまで出かけるとか、趣味を楽しんだりと、仲良くなれる活動を勧めています。恋愛結婚と違い、一緒にいてワクワクする、楽しいという感情はあまり起きないわけですが、居心地がいいとか、一緒にいて楽だとか、自然体の自分でいられるとか、そういうところを確認していくのが、デートの時間です。好きになるかどうかではなく、家族になる相手を探すわけですから」

●新しい結婚のカタチ

 カラーズが定める交際期間は3カ月だが、6カ月までの延長は認めている。そこで相手と成婚するか、しないかを決めるのだ。

「一人目か二人目のお見合い相手と成婚する例も少なくありません。友情結婚を求めているお相手候補の数は少ないのですから、その中で、一人一人大切にお見合いして、話し合いに進んでください、と最初に伝えているからかもしれません」

 その結果が、成婚率約39%という実績である。

「成婚率の高さには『恋愛関係がない』のと、『性的な相性を確認しなくていい』というのも、大きく影響しているかもしれないですね。恋愛結婚をしようとすると重要なネックになるポイントがふたつともないことで、冷静に判断できるのかもしれません」

 友情結婚とはまさに、新しい契約結婚だ。現代の結婚は恋愛至上主義に縛られがちだが、違う形の結婚があると思えば、私たちもどこか、楽になれるのかもしれない。
 自分の人生にとって何が大切で、何を守るために結婚するのか。どこに折り合いをつけて、人生をともに生きる伴走者を探すのか。「好き」という感情のために何かを譲歩する必要がない分、自身の人生観、価値観を見つめた上での結婚が、友情結婚となるのだろうか。
 友情結婚は間違いなく、新たな結婚と家族のカタチを示している。

【後編へつづく 4月21日更新予定】


注1 男性約26.7%、女性約17.5%
出典:内閣府「平成30年版 少子化社会対策白書」第1-1-10図「50歳時の未婚割合の推移と将来推計」

黒川祥子(ノンフィクションライター)

黒川祥子 (くろかわ しょうこ)

ノンフィクションライター
1959年福島県生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。業界紙記者などを経てフリーライターとなり、家族の問題を中心に執筆活動を行う。2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち』で第11回開高健ノンフィクション賞を受賞。著書に『熟年婚』(河出書房新社)。 また、橘由歩の筆名で『「ひきこもり」たちの夜が明けるとき』(PHP研究所)、『身内の犯行』(新潮新書)、『セレブ・モンスター』(河出書房新社)、『全国ごちそう調味料』(幻冬舎)、『県立!再チャレンジ高校』(講談社現代新書)、『PTA不要論』(新潮新書)、『8050問題』(集英社)、『心の除染』(集英社文庫)、などがある。息子が二人いるシングルマザー。

>imidas PCサイトはこちら

  • オーパ! 完全復刻版
  • 『約束の地』(上・下) バラク・オバマ
  • マイ・ストーリー
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)

令和2年7月豪雨被災お見舞い

このたび令和2年7月豪雨により各地で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。また、被災地等におきまして、避難生活や復興支援など様々な活動に 全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く謝意と敬意を表します。一日も早く 復旧 がなされますよう衷心よりお祈り申し上げます。

株式会社集英社

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.