集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

情報・知識&オピニオン imidas

時事オピニオン

Columns

時事問題や社会現象、文化、スポーツまで現代の動きを各界の専門家が解説。

なぜポピュリズムに魅かれるのか?

非理性的なコミュニケーションの快楽を求める人々

 米欧で右派、左派ともにポピュリズム勢力が急速に拡大している。いまなぜ人々はポピュリストたちの言動に魅かれるのか。貧富などの経済的な境遇が異なる人々を結びつけ、国境を横断して影響力を増している現代ポピュリズムの本質について、気鋭の国際政治学者、五野井郁夫氏が解説する。

欧州各国極右が一堂に会しサミットを開催

 トランプ大統領が就任式を行った翌日の2017年1月21日、ライン川とモーゼル川が合流するドイツ西部の都市コブレンツで「もうひとつの欧州サミット」という名の会合が開催された。
 この会合に馳せ参じたのは、今年(17年)選挙を迎えるフランス極右「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首、オランダの総選挙で得票数2位を獲得した極右「自由党」のヘルト・ウィルダース党首、ドイツ新興右派「ドイツのための選択肢」のフラウケ・ペトリ党首など、近頃日本でも目にする名前の政治家も含む、欧州9カ国の政党関係者だ。いずれも反欧州連合(反EU)や移民排斥などを主張して支持を伸ばしてきた欧州各国の右派ポピュリズム政党や極右政党の党首たちである。会合の主催は「国家と自由の欧州」(Europe of Nations and Freedom : 略称はENF) という団体だ。
 日本ではまだ聞き慣れないが、これらはEU批判を旗印にした右翼政党たちが15年6月15日に結成した欧州議会の会派であり、他にも「オーストリア自由党」や「イタリア北部同盟」、ベルギー「フラームス・べランフ(フラマン人の利益)」、ポーランド「新右翼会議」など、女性参政権すら認めない主張をする極右政党らの連合体を構成している。会合自体は昨年1月に次いで2度目の試みだ。このように自国第一主義を主張する政治家たちは、国境横断的につながりを持ち始めた。
 各国の極右政党同士は各国ならびに欧州議会での支持拡大を狙っているばかりではない。イギリスのEU離脱を先導したイギリス独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ前党首は、昨年11月の米大統領選からわずか4日後にトランプ氏と面会した。外国の政治家としては初面会だった。フランス国民戦線のルペン党首も17年1月12日にトランプタワーを訪問している。かれらは大西洋をまたいでの相乗効果を狙っているのである。

ポピュリズムとは何か、ポピュリストとは誰か?

 これら現在台頭しつつある欧州の極右政党やトランプ大統領の選挙と政権運営手法は、しばしばポピュリズムだと形容される。それには大衆迎合主義やデマゴーグ、機会主義者などの意味合いも含まれる。人気獲得のための聞こえのよい政策を実現の根拠や内容が乏しいまま威勢よく喧伝・扇動し、いざというときには責任をとらない政治家といった印象を抱く人も多いだろう。実際に16年に実施されたイギリスのEU離脱をめぐる国民投票で、離脱派を引っ張ってきたUKIPのファラージは、世論誘導のために数々の嘘をついていたことを投票後に認め、収拾がつかなくなり党首を辞任する事態となった。
 さらにポピュリズムの特徴として、反エリート主義、反知性主義、既得権益批判、強いリーダーなどが挙げられる。イギリス独立党やフランス国民戦線、オランダ自由党は、みな異口同音にEUは非民主的で官僚主義的な帝国だと批判し、自国の政策は、EUで強い発言力を持つアンゲラ・メルケル首相とブリュッセルにいるEUの官僚たちではなく、自国民が決めるべきであり、これらを引っ張れるのが自分だと主張する。
 こうした反エリート主義と既得権益批判、強いリーダーシップといえば、少し前ではアルゼンチンのフアン・ペロン元大統領、オーストリアの政治家イェルク・ハイダー、フランスのニコラ・サルコジ前大統領、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相、そして日本の小泉純一郎元首相などがこうした意味でのポピュリストだった。近年ではさらに反知性主義的な色彩を帯び、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領やイタリアの五つ星運動指導者のベッペ・グリッロ、ハンガリーのオルバン政権などがポピュリズムの典型だとされている。くわえて反グローバリズムや反新自由主義、反EUとの関連性では、右派のみならずスペインのポデモスやギリシャのシリザなどの左派政党も含まれる。

右派と左派双方のポピュリズムの広がり

 このように現在の特徴を見てみると、ポピュリズムは必ずしも右派、すなわち保守勢力の占有物でもなければ、左派すなわち革新の勢力に限られるものでもない。アメリカ大統領選におけるトランプ現象の表層的な原動力は、おもに反エリートと反エスタブリッシュメント、既得権益批判であった(現実の政策では市場透明化策の廃止や金融規制緩和など、ウォール街の既得権益層の利益強化が差し込まれているのだが)。政治のアウトサイダーであるトランプ氏が掲げた政策が、いわゆるラストベルトと呼ばれる米中西部から北東部ニューイングランドにかけての斜陽産業が集中する地域の人々の心をわしづかみにしたことは、多くのメディアが報じているところだ。
 他方で、民主社会主義者を自称して、公立大学の学費無償化や連邦最低賃金を15ドルへ引き上げることを掲げ、若者を中心に広範な支持を集めたバーニー・サンダースの躍進として語られるサンダース現象は、同様に反エリートと反エスタブリッシュメントの旗印として闘った点からも、トランプ現象の左派版とも言える。
 緊縮財政を押しつけてくるEUに対して、反EUを掲げてギリシャで政権与党になったシリザは、左派ポピュリズムの一大成功例である。同じく14年 9 月のスコットランドの独立をめぐる国民投票で存在感を示したニコラ・スタージョン率いるスコットランド国民党や、15年9月にイギリスの労働党党首に選出されたジェレミー・コービンも、緊縮財政批判などの左派ポピュリズム的な手法を展開している。かれらに共通する特徴は、実現可能性は二の次でかれらにとっての理想的な政策を打ち出すことで、政治の論点を分かりやすく二極的な構造に単純化し、若者をはじめとした広範な支持層を獲得しているところだ。
 この広範な支持層の広がりというのは、過去に想定されていたポピュリズムのイメージをかろやかに裏切ってみせるものだろう。では現在のポピュリズムをめぐって、どのような理論構成がなされているのだろうか。

ポピュリズムの政治理論

 ギリシャのシリザやスペインのポデモスといった左派ポピュリズムが理論的な基盤としていたのが、左派の政治理論家エルネスト・ラクラウ(1935年~2014年、アルゼンチン出身)とシャンタル・ムフ(1943年~、ベルギー出身)の議論である。ラクラウは、新しい社会運動などによって既存のマルクス主義における経済決定論と階級対立が全面的に批判され出した1970年代から一貫して、ポピュリズムを民主主義的な左派運動にとって不可欠の存在と捉えてきた。そこではポピュリズムは必ずしもネガティブな政治現象として考えず、むしろデモス(民衆)の民意の顕現として、能動的で肯定的に見なされてきた。
 ラクラウらは、ポピュリズムが既存の政治枠組みが揺らぐ際に登場すると説いた。こんにちでいえばグローバル資本主義の展開と国民国家の弱体化はそのような事態にあたる。既存のヘゲモニー(覇権)的秩序が揺らぎ、政治的な敵対性の顕在化が不可避となり「政治的なもの」が立ち現れる状況下では、いかなる政治運動も、大なり小なりポピュリズムから逃れることができない。ポピュリズムは、ラクラウらにとっては経済や階級決定論でもなければ、所与としての人々のアイデンティティーを表明するものでもなく、その時々の敵対性の差し向け方に応じて出てくる「政治的なもの」をめぐる運動と、そこでのイデオロギーを通じて、新しい普遍性を帯びた「人民」自体が構築されるものなのである。
 したがって理論的には、ポピュリズムによって構築される人民は経済的な同質性を超えて形成されるばかりか、国境の内側の同質性をも超えてある種の普遍性を帯びて形成されうる。これは、しばしばポピュリズムの批判者が、ポピュリズムを貧しい人々や労働者の運動などの階級還元論ととり見誤ったのとは異なる。経済的な要素などを超えての等価性が何によって担われるのかについては、ラクラウの議論に加えて、アメリカの政治理論家アイリス・ヤング(1949年~2006年)が指摘したようにレトリックや物語などの効果的な活用も挙げられるだろう。これらは立場や境遇の異なる人々を結びつける一助となっているのだ。ようするに1990年代から2000年代の熟議論的転回が切り捨てた、非理性的で不合理なコミュニケーションのモードが力を発揮し、2010年代では左右両派のポピュリズムを牽引しているのである。

右派ポピュリズムのレトリックと物語

 このように、多くの右派や極右政党のみならず左派政党の支持者も、1980年代以降のネオリベラルな政治の主流から疎外されつづけ、グローバル化の被害を受けたと考える層や、潜在的被害者の層が支持している。その裾野はたんにしばしば誤解されているように労働者にとどまらず、広範な支持層に訴えるものとなっている。
 では、この右派ポピュリズムと左派ポピュリズムを分かつものとは何か。ひとつは、本質主義的なものを基礎とするか否か、すなわちおもに自身を構成するアイデンティティーの境界の内側とされるものへの固執と表裏一体なものとして、排外主義や特定の宗教に対する言説を採用するか否かだろう。そしてこれに関連してもうひとつは、社会保障と再分配の財源を共同体の内側の既得権益層に求めるか、それとも共同体のマイノリティーや新たな来訪者たちに求めるかである。
 右派ポピュリズムの言説空間は、本質主義的な主張を、まるでイデオロギーや安全保障の問題であるかのように擬装する言説(国際政治における安全保障化〈securitization〉の応用)の構築によって設定可能となる。トランプ大統領とその側近たちがしばしば用いる移民とムスリムと安全保障をわざと結びつける言説や、ドイツのための選択肢やオランダ自由党の党員が好んで主張するように、近代以降の「信教の自由」規範に抵触しないよう、イスラムを宗教として捉えることを回避して「共産主義やファシズムと同じ過激な政治思想であり、イデオロギーの問題」ということにする主張が、この具体例にあたる。
 加えてポピュリズムの言説空間に人々を誘い込むのは、事実の裏づけは乏しいものの、つい人々がもっともらしく感じてしまう物語である。物語が境遇の異なる人々の間に等価性をもたらすのだ。さきほど記したような「テロリストのほとんどはムスリムだ」や「外国人が治安を悪くしている」などの「安全保障」にまつわる物語や、「移民が国民の仕事を奪っている」「税金を払っていないマイノリティーのせいでわれわれの社会保障費が削られている」、あるいは「われわれが貧しいのは一握りの(グローバルな)既得権益層のせいだ」といった「経済」の物語などはその典型である。
 レトリックはその巧拙によって勝敗が決まる。したがって、さらに高度なレトリックを編み出し普及させていくことによって陣地戦での勝利は可能である。だが、複雑な現実を単純化して感情に訴える物語において、フェイクニュースの蔓延等によって人々が物事の正しさを基準にできない場合、その勝敗は巧拙ではなく快不快によって決まる。
 とすれば、右派であれ左派であれポピュリズムがいざなう安易な物語に絡めとられないためには、ひとつには地道にフェイクニュースをファクトチェックによって潰し、正常な判断の材料を人々に提供していくしかない。けれども、そのときにポピュリストが政権を獲得していたならば、することはただひとつだ。それは、現実の否定である。実際にトランプ政権下では、現実を突きつけられたコンウェイ大統領顧問がテレビカメラの前で「もうひとつの事実(alternative fact)」という表現を用いて現実を否定してみせたのだった。
 なお、快楽をもたらす矮小化された物語と現実とはつねにズレを生むため、政権獲得をしたポピュリストが直視することを避けてきた現実政治に取り組まねばならなくなる中で、物語の虚構性は否応なく剥ぎ取られることになる。ただし物語が破綻したとき、そのツケを払うのは現実を直視せず放置してきた人々、すなわち民主主義国家におけるわれわれ自身なのである。

五野井郁夫
(政治学者/国際政治学者)

五野井郁夫 (ごのい いくお)

政治学者/国際政治学者
高千穂大学経営学部教授。1979年、東京都生まれ。上智大学法学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了(学術博士)。日本学術振興会特別研究員、立教大学法学部助教を経て現職。専門は政治学・国際関係論。著書に『「デモ」とは何か――変貌する直接民主主義』(NHKブックス、2012年)、共編著に『リベラル再起動のために』(毎日新聞出版、2016年)など。

>imidas PCサイトはこちら

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.