集英社 知と創意のエンタテイメント 学芸・ノンフィクション

文字サイズを変更

  • Facebook
  • Twitter
  • 開高健ノンフィクション賞
  • 情報・知識&オピニオン imidas
  • 集英社創業90周年記念企画 ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)
  • 渡辺淳一恋愛小説セレクション【全9巻】
  • 集英社国語辞典[第3版]
  • 集英社ビジネス書
  • e!集英社

Shueishagakugei

謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申し上げます。

熊本地震により甚大な被害が発生いたしました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻りますよう、そして復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・熊本地震災害被災者支援募金のお知らせ

謹んで地震災害のお見舞いを
申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援など様々な活動に全力を尽くしていらっしゃる方々に、深く敬意と感謝の意を表しますとともに、一日も早く復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

(株)集英社

  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金のお知らせ
  • 集英社・東日本大震災被災者支援募金募金状況とご報告

情報・知識&オピニオン imidas

時事オピニオン

Columns

時事問題や社会現象、文化、スポーツまで現代の動きを各界の専門家が解説。

表面化する男性の性被害

見過ごされてきたその実態とは?

 2017年6月、国会で性犯罪を厳罰化する刑法改正案が可決成立し、第177条の強姦罪が「強制性交等罪」に改められた。それにより明治時代の刑法制定以来、被害者を女性に限っていた強姦および準強姦の罰則規定が、男性にも等しく適用されるようになった。
 その背景には、男性の性被害の深刻化がある。アジア女性基金(財団法人女性のためのアジア平和国民基金、2007年3月に解散)の「高校生の性暴力被害実態調査」(2004年)では、日本の未成年男子で何らかの性被害を受けたことがある人は高校生男子で5~10人に1人、レイプ被害率は1.5%となっている。では、これまで表面化することがなかった男性性被害の実態とは、果たしてどのようなものなのだろうか? 男性性被害者の専門相談センター「カウンセリングオフィスPomu(ポム)」の山口修喜代表に話を聞いた。

6人に1人が被害に遭っている

 性的な虐待は、被害者にはかり知れない苦しみを与えます。それは、男性の成人や子どもにとっても同じです。男の子、女の子ということ以上に、人だということです。子どもだということです。そこで、まだまだタブー視されている男性の性被害に焦点をあてて、欧米と日本の支援体制の違い、男性被害者特有の苦しみ、そしてどのような回復のプロセスをたどっていくかをお話しします。
 まずは性被害者の数について。さまざまな統計がありますが、おおよそ世界的には「6人に1人の男の子」「4人に1人の女の子」が被害に遭っている、と言われています。しかも、「性的な虐待がない国・文化はない」とも言われているので、しっかり統計をとれば、日本にも当てはまる数字ではないでしょうか。
 実際に、この日本にも過去に何らかの性被害を受けた人が多くいます。想像してみてください。全人口から単純計算すると、約1000万人の男性性被害者がこの国で毎日生活を送っていることになります。通勤して、仕事をして、家族と食事して暮らしています。女性性被害者は約1600万人です。イメージが湧きにくいでしょうか? 例えば、皆さんが勤めている会社の部署に、30人くらい男性社員がいるとします。その中の5人は何らかの性的なトラウマを経験した人であるかもしれない、ということになります。女性社員30人であれば、そのうち7、8人が性被害を受けている可能性があることになります。
 想像してみてください。5万人が入るスタジアムがあったとします。すべて男性の性被害者。そのスタジアム約200個分の男性が毎日この日本で暮らしています。実感が湧いてきましたでしょうか? 私はそうした数字を、軽視できない大事な問題だと感じます。

主な加害者と残されるダメージ

 男性性被害の加害者ってどんな人ですか? ということもよく聞かれます。男の子を加害する人は約3分の2が男性で、残りが女性です。親、兄弟、親戚であったり、教員や福祉職員といった子どもを相手にする仕事についている人の場合もあります。ごくたまに、通りすがりの知らない人であったりもします。貧困層や富裕層に関係なく、性的虐待はあります。学校内での性的ないじめもよくあります。
 なぜ加害するのかについては、なぜ人は人をいじめるのか? と似ていると思います。加害者は他人との距離感というものが少ない人に多く、そこに性的なトラウマが入ってきます。子どもに性的な興奮を覚える人も中にはいます。そのように複合的な理由で加害をします。
 では男性が性被害を受けるとどうなるのでしょうか? 男性性被害者の特徴を理解するには、女性性被害者のことを理解する必要があります。男女の違いはあれど、多くのことは共通しているのです。
 性被害を受けるということは、強烈に心や体にダメージを受けます。過去の性的なトラウマの出来事が、まさに「今」繰り返されているような感覚になるフラッシュバックに始まり、恐怖感、絶望感が一緒に蘇ってくることもあります。フラッシュバックによって異常なほどの覚醒状態になったり、その反対に無気力感やうつの状態になることも多く、それらが繰り返されることもあります。ハイな状態とロウな状態を交互に繰り返すのです。そのうち、穏やかでリラックスした状態に留まることが難しくなってきます。
 過去の嫌な感覚がフラッシュバックしてくるのを感じなくするため、何かに依存する傾向もよく見受けられます。酒、スマートフォン、仕事、セックス、薬物などに依存します。それを好きでやっているのではなくて、ほんの一瞬でもいいから、嫌な感覚をマヒさせたいだけです。何かをしていれば、そのときだけは忘れた気になりますよね。さらに人によっては、自殺願望が湧いてくる場合もあります。このように男女で共通する部分が多いのですが、違いも見られます。

男性の性被害者に見られる特徴

 次に、男性性被害者の特徴を3点ご紹介します。
 まず一つめは、恥じる意識が強いという点。もちろん女性でも自らを恥じる意識を持つことはありますが、男性の場合、「男なのに性被害に遭ってしまった」と思いつめる人が多いのです。男だから強くあらねばいけないのに、抵抗できてあたり前なのに、と自分のことを恥じます。
 さらに、性的なトラウマを受けたときに、恐怖感や気持ち悪い感覚と共に性的な興奮を感じることも多いのです。女性にも当てはまる部分がありますが、これは体の自然な反応。熱いものを触ると「熱っ!」って反応することと同じです。特に男の子の場合、性的な興奮があったとき、もろに自分の勃起した性器を見て恥ずかしいと思います。「求めてしまった、興奮してしまった」というように。自分はおかしくて変なやつだと思い込むこともあります。
 二つめは、性被害として認識しにくいという点。例えば12歳の男の子が、30歳の女性に性的なことを強要されたとします。暴力的な行為がなかったとしたら、恐怖感はないわけです。ただ何か嫌な感覚や、利用された感は残っても、「早くに経験できた」と認識する場合もあります。
 子どもが性的な体験を友だちに話すことは稀ですが、もし話したとしても「ラッキーだな」とか言われるので、「性被害に遭った」という認識にはなりにくいでしょう。ただ大人へと成長するにつれて、いつしか異性や性行為に対して強く引きつけられたり、嫌悪感が出てくるようになります。そうして次第に「性被害だったのかも……」と思うようになります。
 三つめは、自分の「性」が混乱することがある点。仮に被害者が小学生の男の子で、加害者が成人男性だった場合、その男の子にとってはそれが「初めての性体験」となってしまいます。本来であれば自分の性を探求したり、好きな人を見つけることは美しいもので、自然なプロセスです。しかし、そこに性被害という歪んだものを押し付けられると、自分の「性」について混乱します。「自分は本当は男が好きなんじゃないだろうか?」「自分は本当に男なのだろうか?」という考えにとらわれることがあります。
 理解を深めるために、わかりやすく男女の共通点と3点の違いを挙げましたが、基本的には個々で違うということを強調させてください。性的な被害のことを誰かに話したり、専門家に相談することは、とても難しくて勇気がいることです。男性に関しては、説明にあげた点において、さらに相談するハードルがぐんと高くなります。

性被害のトラウマから回復する

 こうした男性性被害について、どう対応すればよいのでしょうか?
 一般的なカウンセリングのイメージでは、過去の性被害を他人に吐き出すように語ることが、回復への一番の近道とされてきました。心理カウンセリング最先端のアメリカあたりでも、1990年代まではそのような風潮があって、支援者も被害者も一緒になって取り組んできました。しかし、この方法でよくなることは稀で、中には悪くなる人も多くいました。
 ここ10年間で脳科学やトラウマに関する研究・臨床が進み、今までのやり方が、大きな間違いだったことを専門家たちは痛感しました。その間違いとは、治療の初期段階で被害体験を扱いすぎたこと。被害者に語らせることで、過去のフラッシュバックを強めてしまうケースがありました。
 さらに言語レベルだけのカウンセリングでは、あまり効果がないこともわかってきました。トラウマを受けると、心にも悪影響がありますが、何より身体に刻み込まれます。先述したように、トラウマを受けているときや受けた後には、「からだ」が過覚醒状態になったり、うつのように何も感じなくなる低覚醒状態になります。このように「からだ」レベル(神経システムのレベル)で影響が出るので、カウンセリングではそこに働きかける必要があります。
 私のところへ相談に来た40代の男性は、職場で上司などとの関係に悩んでいました。年上の男性が苦手で、言われるがままになってしまうことが多々あるとか。後から聞いたところでは小学生の頃、近所に住む叔父さんから何度か性的な被害を受け、酒などに依存してごまかしてきたけれど、過去の出来事が「嫌な感覚」として蘇ってくる、ということでした。
 相談に来たときの「からだ」は、覚醒状態だったと言えます。マシンガンのようにしゃべり続け、リラックスとは程遠い状態でした。そこで彼には、覚醒レベルを下げるスキルを学んでもらいました。例えば、地に足をつけるワークである「グラウンディング」を体験したり、今の覚醒レベルや体の状態に意識を向ける意味で「マインドフルネス」を習得してもらったり、呼吸に意識を向けたり、心地よい体験を思い出してもらってそれをゆっくり感じてみたり……。
 それらを普段の生活の中で、一生懸命に実践してもらいました。そうすると少しずつ覚醒レベルが下がっていき、10回ほどのセッションを終えた頃には、過去の被害体験が生々しく蘇ってくることが減りました。年上の男性が苦手に感じられて、うまくいかなかった職場関係も改善されていきました。
 さまざまな「からだ」レベルのワークをする中で、少しずつ過去の出来事を振り返ったりもしましたが、カウンセリングが終わる頃でも、私が性的なトラウマの詳細を知ることはありませんでした。過去の話をすることが決してダメなわけではなく、ある程度症状が落ち着いてから、回復のプロセスの後半で自身が体験したことを話す人もいます。
 要は「からだ」レベルに働きかけるワークが必須なのです。こうした手法は日本でも注目されるようにはなってきていますが、まだまだ「傾聴するだけ」のカウンセリングを行っていることが多いのです。

支援体制はどうなっているのか?
 
 男性の性被害に関して言えば、欧米での支援体制はしっかりしています。というより、日本がかなり遅れている状況です。私が14年間住んでいたカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバー市を例に説明すると、バンクーバー都市圏の2016年の人口は約246万3000人(周辺都市を含む)で、人口約260万人の京都府とほぼ同じくらい。そこに、私が勤務していた男性性被害者の支援センター「British Columbia Society for Male Survivors of Sexual Abuse ; BCSMSSA」があります。
 BCSMSSAには専門の心理カウンセラーが10名前後常駐し、毎年、カナダ政府から何千万円もの助成金が入ってきて、金銭的に厳しい被害者のカウンセリングに当てられます。私が勤務していた頃の人口は約212万人でしたが、少なく見積もっても5000万円の助成金が毎年必要でした。センター長のドン・ライト氏が、「まだまだ資金不足」と日々言っていたのを覚えています。
 経済格差を考えずにカナダと同じレベルの支援体制を整えようとすると、京都府だけで毎年6000万円の助成金が必要となります。単純計算すれば、日本全体で約27億円が必要ということになります。女性性被害者の支援を含めると、60億円以上は必要ではないでしょうか。
 このレベルの支援が北米などの主要都市では整っています。2017年、日本政府は性被害者のための「ワンストップ支援センター」を全国に整備するため、1億6000万円の交付金を初めて予算計上したそうですが、とても実状に追いつくものとは言えないでしょう。
 そして金銭的なことに限らず、専門の心理カウンセラーなどを育てることも大事になってきます。私はBCSMSSAで勤務していたときから、何となく日本の状況はわかっていましたが、しっかり調べてみると、カナダと比べてあまりにも違いすぎることに愕然としました。そこでカナダで培った経験を日本でも活用させていただきたいとの思いから、「カウンセリングオフィスPomu」という男性の性被害者が相談できる場所を作りました。多いときで1年間に100件近くの相談があり、中には継続して回復に取り組んでいる人も多くいます。
 まだまだ男性被害者の支援が整っていない日本では、この記事を読んでくださる人の存在がとても大事です。あなたが被害者であれば明白ですが、あなたのまわりに性被害を受けた男性がいるかもしれません。そのときに少しでもお役に立てれば幸いです。まずは一人でも多くの人に現状を知ってもらうことが、支援体制を作っていくうえで大事なステップだと考えています。

カウンセリングオフィスPomuホームページ
https://www.pomu.info/(外部サイトに接続します)
トラウマから回復する方法を学ぶホームページ
https://pomupomu.info/(外部サイトに接続します)

山口修喜 (やまぐち のぶき)

トラウマセラピスト
1977年生まれ。高校を中退後、アメリカのスキーアカデミー留学を経てカナダのサイモンフレイザー大学で心理学を学び、カウンセリング心理学の修士号を取得。ブリティッシュコロンビア州公認心理カウンセラーとなり、性的虐待を受けた男性のための支援センターに勤務。2011年に帰国し、性被害男性を対象とした専門相談センター「カウンセリングオフィスPomu(ポム)」を兵庫県神戸市に設立。

>imidas PCサイトはこちら

本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.